Tokuma novels edge<br> 極道戦艦ベニバナ

個数:
電子版価格 ¥702
  • 電書あり

Tokuma novels edge
極道戦艦ベニバナ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 215p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784198507084
  • NDC分類 913.6

内容説明

西暦二〇二二年、北朝人民統治国が撃ち込んだ謎の弾道ミサイルによって、催淫作用のある毒性物質を含むニセベゴニアが、ODAIBAに咲き乱れていた。いまや麻薬組織の草刈り場と化したODAIBAでは、極左革命集団“国民解放軍”、中華系犯罪結社“幇舵”、関西系広域指定暴力団“鷲巣連合”の三つの勢力が利権を獲得すべく鎬を削っていた。その最中、小粒な侠客組織である湾岸牛神一家の若き組長・草太郎は、古くから守ってきた縄張を鷲巣連合に奪われ、瀕死の重傷を負う。主治医・白竜によって蘇生、再びODAIBAに乗り込むことになった草太郎は、鷲巣連合の恐るべき計画を知り…。

著者紹介

文屋一彦[フミヤカズヒコ]
フリーライター、漫画原作者を経て、「特警ウインスペクター」で、シナリオ・デビュー。以後、特撮、アニメを中心に脚本を多数執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)