• ポイントキャンペーン

Tokuma novels
顔のない骸―白鴉事件帳

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 282p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784198506421
  • NDC分類 913.6

内容説明

俺が白鴉唐十郎に会ったのは、昭和十一年の早春だった。歳が若いのか年寄りなのか、風体を見ただけでは全く分からず、どうにも説明しづらい人物だった。時代錯誤も省みず、袍をつけない純白の直衣姿で、珍しい白い鴉を連れている。実際はカラス天狗の面をはずすと現れる顔は二十歳そこそこの整った美青年なのだった。唐十郎は白鴉が屋根の上で三回り半した後、カアと一鳴きして舞い降りた家の前に立って戸を叩くのだった。今日も、ドカ雪の帝都で事件が起こったようだ。唐十郎は遊郭「黒船楼」を訪ねた。