• ポイントキャンペーン

Tokuma novels
寝台特急『北陸』58分間の密室

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 210p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784198505837
  • NDC分類 913.6

内容説明

北陸の小京都、金沢を訪ねた冬木雅彦。目的は女性向け総合誌『クロッシュ』の日本海美味紀行の下見を行うためだった。女性誌の編集長として、自らが取材に赴くのが冬木の執着で、それが七年間、編集長の首がもった原因だと思っている。香林坊の交差点を右に折れると、『加賀百貨店』が目に入った。今週の催し物で、『秋の秀作版画展』が開催中だった。後学のために立ち寄った冬木は、その展示品のひとつ、日本画壇の大御所、千代田白龍の『いよぼやの群れ』を覗き込んだ。そして、エディションナンバーが同じ物を銀座の画廊で見たことを思い出した。だが、その場にいた美術商は自分の常設画廊である赤坂ならあり得るが、銀座はないというのだ。不審に思いながら会場を後にした冬木は、それから新潟に向かった。千代田白龍は村上出身の画家だった。村上の『鮭の博物館』を取材で訪れた冬木は、そこで六十歳前後の凄惨な死体に出くわした…。