徳間文庫<br> 細谷十太夫―からす組〈下〉

徳間文庫
細谷十太夫―からす組〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 382p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784195990261
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

奥州鎮撫軍参謀・世良修蔵の暗殺にふみ切った仙台藩は開戦を余儀なくされた。親友を斬り、仇とねらわれる身の細谷十太夫は、討たれる覚悟を決めていたものの、戦雲急を告げる今となっては決起するしかなく、百姓・町人、さらには渡世人を糾合して一隊をつくった。その神出鬼没の戦ぶりに官軍は恐怖におとし入れられた。十太夫の肩に鴉がとまっているために、彼らはからす組と呼ばれた…。時代大作完結篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぎすけ

2
大佛次郎版からす組。どこかの本にあったが、早乙女貢、子母澤寛、村上元三の3方も細谷十太夫を描いているが(童門冬二氏の短編?もある)、一番線が細い感じが否めない。しかし、この話ができた時代を考えると史実に近いのはこの人物像なのか。幕末を描いた小説で、坂本龍馬や土方歳三など、ある程度人物像が出来ている有名な人と比べ、定まってないなと感じる。2013/05/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/317114

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。