徳間文庫<br> 社命

徳間文庫
社命

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 381p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784195990193
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

久慈敏浩は、国際通信会社の中枢・統括秘書室に所属する選り抜きのエリートだ。現社長・四方光林は、税関フリーパスの特典を悪用した“ゴースト”と呼ばれる密輸品を政官界にばらまくことによって安泰を図っていたが、“ゴースト”調達を担当していた杉本恒夫が急死した。折から副社長・田尻卓也の造反が囁かれるなか、久慈に“ゴースト”担当の社命が下る…。企業ぐるみの犯罪を鋭く抉る傑作問題小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まつうら

30
巻末で解説者が述べているように、正しくは「社命犯罪」がこの作品のタイトルだ。つまり、会社の命令で社員が犯罪を犯すということ。こう言うと、反社会勢力やヤクザな世界の物語かと思いきや、この作品の舞台はKDDという半官半民の国策会社なのだから驚きだ。この会社は、官僚や政治家を懐柔するために絵画などの金品をばら撒いている。要は賄賂だ。そしてその賄賂とする品々を、海外出張する社員に命じて密輸入させていたのだ! コンプライアンスという言葉などなかった時代とはいえ、「社命犯罪」とは! なんとも恐ろしい響きだ。。。2022/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2270604

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。