交通新聞社新書<br> 台湾に残る日本鉄道遺産―今も息づく日本統治時代の遺構

個数:

交通新聞社新書
台湾に残る日本鉄道遺産―今も息づく日本統治時代の遺構

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年02月28日 03時16分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 260p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784330269122
  • NDC分類 686.222

内容説明

台湾の鉄道の大半が日本統治時代に整備されたことは現地でも広く知られている。最近では、民主化と経済発展の進行で、かつてはタブー視されていた郷土研究も花開き、鉄道文化についての関心も日本と同様に高まってきた。本書では、台湾在住の著者による徹底した現地取材で、日本統治時代に建設されたターミナル建築や木造駅舎などの「鉄道遺産」をクローズアップした。巻末付録に「台湾の鉄道遺産一覧」。

目次

第1章 日本が残した鉄道遺産(彰化機務段―産業遺産となった扇形車庫;舊山線―観光鉄道として復活した山越えの道 ほか)
第2章 生き続けるターミナル建築(新竹駅―戦前、最も美しいと言われた名駅舎;台中駅―大正の名建築と絶賛された駅舎 ほか)
第3章 日本統治時代の木造駅舎(海線旅情―海岸沿いに続く木造駅舎群;菁桐駅―炭鉱の町に残る木造駅舎 ほか)
第4章 訪ねてみたい鉄道遺産(山佳駅―洋風駅舎が残る小さな駅;舊泰安駅―復活した駅舎と震災復興記念碑 ほか)
第5章 日本統治時代の駅スタンプ(台湾版駅スタンプの歴史;魅力的なスタンプの世界 ほか)

著者紹介

片倉佳史[カタクラヨシフミ]
1969年生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、出版社勤務を経て台湾と関わる。台湾に残る日本統治時代の遺構を探し歩き、地理・歴史、原住民族の風俗・文化、グルメなどのジャンルで執筆と撮影を続けている。鉄道については、音の世界に強い関心をもち、各地で鉄道音の収録に勤しんでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)