徳間文庫<br> 漢字の知恵

徳間文庫
漢字の知恵

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 341p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784195989555
  • NDC分類 821.2
  • Cコード C0195

内容説明

日頃なにげなく使っている漢字だが、そもそものいわれを尋ねると謎だらけ。道しるべがないと奇説珍説が横行して人を誤ると、中国語学の泰斗が、まずは漢字の成立から説き起こし、次いでそれが日本へ入るいきさつに光を当て、やがて喧しい文字改革へ鋭い批判のメスを加える。「漢字と漢語の素性」談義は、まずこの一冊から。科学的にして、ピリリとワサビがきき、それでいて楽しめる一級の漢字常識学。

目次

第1編 漢字のなりたち(漢字はいつごろ作られたか;象形文字の面白さ;指事文字の知恵;会意文字のユーモア;形声文字と単語家族)
第2編 日本語と漢語(日本語の素性;古代の日本と朝鮮;東へ旅した漢語;呉音、漢音と唐宋音;日本語に生きる漢語;和訳された漢語)
第3編 漢字と言語政策(字体の問題;字音かなの変遷;当用漢字の問題)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

naoto

0
藤堂明保って、小学校のころ持ってた漢字字典の人だよな。専門的な話を、かなり分かりやすく書いてた。日本語は漢字の導入によりかなり変化したんだな。この歴史が、ポルトガル語・オランダ語・英語も取り込むベースになったんだろうな。2010/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/201891

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。