総合学習に生かす美術教育<br> 「絵綴り方」を生かした学級づくり―小学校低学年

個数:

総合学習に生かす美術教育
「絵綴り方」を生かした学級づくり―小学校低学年

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月23日 13時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 90p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784187971001
  • NDC分類 375.72
  • Cコード C3337

内容説明

表現活動を組織するということは、子どもの思いにしっかりと寄り添う営みである。つまり、子ども自身の思いをどれだけ大切にできるかどうかということ。「絵綴り方表現」というのは、子どもをしっかりと主人公として据え付けていく方法であり、彼らに真の表現力をつけていくための、非常に有効な土台育ての方法だ。本書では、主に、この「絵綴り方表現」をどうやって生み出していくのかということについて、述べている。全く入学したてで、文字も知らない状態である子どもたちが、どうやれば、この「絵綴り方表現」を自分のものにしていくのかを順を追って解説。

目次

1 一年生と絵綴り方表現
2 二年生と絵綴り方表現
3 今、子どもが求めているものは
4 絵綴り方表現のすすめ
5 入学当初はどうするの?―絵綴り方表現の前は?
6 三年生へのステップ―「絵綴り方表現」をどう発展させるのか
7 子どもと学級担任と表現活動