数学的な考え方の具体化と指導―算数・数学科の真の学力向上を目指して (新版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

数学的な考え方の具体化と指導―算数・数学科の真の学力向上を目指して (新版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 07時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 139p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784184169159
  • NDC分類 375.41

内容説明

数学的な考え方を育てることは、算数・数学教育の目的である。しかし、この数学的な考え方とは何か、そして、その指導はいかにあるべきかを詳述している本がない。学力低下が叫ばれる中、これからの社会で求められる真の学力について日々の授業に役立つ形で解説した。本巻では、数学的な考え方とは何かを具体的に明らかにしながら、数学的な考え方の指導法を示した。さらに、もう一つの学力としての「関心・意欲・態度」についても究明している。

目次

第1章 学力について
第2章 数学的な考え方の育成をねらいとした指導の重要性
第3章 数学的な考え方の意味とその指導
第4章 数学の方法に関係した数学的な考え方の詳しい考察
第5章 数学の内容に関係した数学的な考え方の詳しい考察
第6章 数学的な態度
第7章 数学的な考え方を育てる指導法―数学的な考え方に焦点を当てた発問
第8章 もう1つの学力 関心・意欲・態度

著者紹介

片桐重男[カタギリシゲオ]
1925年、東京都に生まれる。東京教育大学(現筑波大学)大学院教育学研究科修士課程修了。都立教育研究所指導主事、文部省初中局小学校課教科調査官、横浜国立大学教育学部教授、文教大学教授