国語科授業の活性化
「比べ読み・重ね読み」で「一人読み」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 151p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784183242129
  • NDC分類 375.85
  • Cコード C3337

目次

1 今、なぜ「比べ読み・重ね読み」か―背景編(学習指導要領改訂そのポイント―ハンドブック『生きる力』から;背景―PISAショック;手立て―キーワードは「比べる」)
2 「比べ読み・重ね読み」の導入―実践理論編(比べ読みに必要なもの;「比べ読み・重ね読み」の実際(教材分析;実践;留意点))
3 「比べ読み・重ね読み」―実践編(人と違うからこそすばらしい―二年『スイミー』と『フレデリック』;助けたり、助けられたりする=「親友」―二年『お手紙』と『ひとりきり』;「ほっ うれしいな」=生き残れた喜び―四年『春のうた』と『秋の夜の会話』 ほか)

著者紹介

川上弘宜[カワカミヒロヨシ]
1963(昭和38)年4月3日生、新潟県五泉市出身。新潟大学教育学部卒。上越教育大学大学院修了。新潟県五泉市立五泉南小学校教諭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)