若い教師に贈るこの一冊<br> 有田和正の授業力アップ入門―授業がうまくなる十二章

個数:
  • ポイントキャンペーン

若い教師に贈るこの一冊
有田和正の授業力アップ入門―授業がうまくなる十二章

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月04日 17時18分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 190p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784182224133
  • NDC分類 375

内容説明

「授業とは何をどうすることか」ということから書き始め、授業の腕をあげるには「目標をしっかりもつことの大切さ」などをはじめに述べた。それから、教材開発に必要な基礎技術や指導技術の向上法、楽しい学級づくりの技術など基礎的な授業技術の向上法を述べた。

目次

授業とは「何を」「どうすることか」考えよう
目標とする授業のイメージをしっかりもって努力しよう
教材開発に必要な基礎技術を具体を通して体得しよう
指導技術の向上に日夜努力しよう
楽しい学級づくりの技術を体得しよう
学習意欲の高め方を常に工夫しよう
パフォーマンス・トレーニングをしよう
子どもを「見る目」を常にみがこう
常にユーモア精神をもち、明るく子どもと対応しよう
教師は常に実力・人格・他人との対応を見られていることを考えて行動しよう
一八の学習技能を鍛える授業を常に考えよう
「プロ教師」をめざして授業改革に挑戦しよう

著者紹介

有田和正[アリタカズマサ]
1935年福岡県生まれ。玉川大学文学部教育学科卒業。福岡県の公立校、福岡教育大学附属小倉小学校、筑波大学附属小学校を経て愛知教育大学教授。1999年3月愛知教育大学定年退官。教材・授業開発研究所代表、月刊『教材開発』(明治図書)編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)