学びが定着!板書見ながら“算数作文” 中学年

個数:

学びが定着!板書見ながら“算数作文” 中学年

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 142p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784180109135
  • NDC分類 375.412
  • Cコード C3037

目次

序章 話し合い活動とセットで使う板書見ながら“算数作文”(「話す」と「書く」をセットで鍛える;1時間目は算数、2時間目の国語で算数授業を巻き起こす ほか)
1 数学的な見方・考え方の評価と板書見ながら“算数作文”(数学的な見方・考え方と子どもの言葉;数学的な見方・考え方の評価 ほか)
2 活用する力をはぐくむ授業改善の7つのポイントと板書見ながら“算数作文”の変容(子どもの「考えたい」「調べたい」を引き出す「問題提示7つ」の方法;算数的活動を再考する―子どもの「問い」が生まれたとき算数的活動が始まる ほか)
3 板書見ながら“算数作文”の実践例(第3学年「たし算とひき算」の場面;第3学年「かけ算の筆算」の場面 ほか)
4 国語教師が算数作文から発見したこと(国語側から見た算数作文の意義;算数作文ではぐくむことのできる国語の力 ほか)

著者等紹介

田中博史[タナカヒロシ]
1958年山口県生まれ。山口県公立小学校教諭を経て、1991年より筑波大学附属小学校教諭。共愛学園前橋国際大学非常勤講師、基幹学力研究会算数側代表、算数授業ICT研究会代表、全国算数授業研究会理事、学校図書算数教科書監修委員、日本数学教育学会出版部幹事

小松信哉[コマツシンヤ]
1967年福島県生まれ。福島大学附属小学校を経て、福島県東白川郡矢祭町立下関河内小学校教頭。全国算数授業研究会全国理事、基幹学力研究会幹事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。