“新しい伝統”に挑む―野武士のごとき集団をつくった男の物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 162p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784180035298
  • NDC分類 375.49
  • Cコード C3037

目次

1 人が奮い立つ“上達論のしくみ”づくり(よさこいソーラン踊りってどんなもの?―実演紹介;ADHDの子がまず踊り出した甲本流よさこいソーランの指導;よさこいソーランがTOSS体育でどこまで広がっているか―現状レポート;向山洋一氏の個別評定の基準はどこなのか ほか)
2 夢実現の方程式は、“寝ても覚めても”だ(「食へのこだわり」から食育!;教育、教師は絶対に「術」です!;価値基準に差がある?同年代のホリエモン;トップになっていく人間の資質とは ほか)

著者紹介

向山洋一[ムコウヤマヨウイチ]
1943年9月15日生まれ。1988年3月東京学芸大学社会科卒業。2000年3月東京都大田区立多摩川小学校退職。教育技術法則化運動代表、千葉大学非常勤講師、上海師範大学客員教授、日本教育技術学会会長、日本言語技術教育学会副会長。月刊『教室ツーウェイ』『向山型「算数」』『向山型「国語」』編集長。月刊『教育トークライン』、隔月刊『ジュニア・ボランティア教育』編集人。日本一のインターネット教育情報ポータルサイトTOSSランド代表

長谷川岳[ハセガワガク]
YOSAKOIソーラン祭り組織委員会専務理事、株式会社yosanet取締役。1971年愛知県春日井市生まれ。1994年北海道大学経済学部経営学科卒業。1992年、学生仲間で第1回よさこいソーラン祭りを開催。以後、「YOSAKOIソーラン祭り普及振興会」を設立、事務局長、理事総括プロデューサーを務める。「日本イベント大賞新テーマ賞」「サントリー地域文化賞」「社会起業家賞」などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)