文春学藝ライブラリー 思想 20<br> 大平正芳 理念と外交 (増補版)

個数:
電子版価格 ¥1,500
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春学藝ライブラリー 思想 20
大平正芳 理念と外交 (増補版)

  • 服部 龍二【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 文藝春秋(2019/10発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 28pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年04月02日 22時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 313p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784168130830
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0195

内容説明

大平正芳はなにを遺したのか。外相として成し遂げた韓国との請求権問題解決や日中国交正常化の断行は大きな功績である。蔵相、自民党幹事長を経て首相に就任、環太平洋連帯構想を模索したが、党内抗争の果て志半ばで逝った。日中関係の大平証言を増補し、悲運の宰相の素顔と哲学に迫り、保守政治家の真髄を問う。

目次

序章 遠い記憶
第1章 「楕円の哲学」―大蔵官僚
第2章 政界への転身―池田内閣官房長官まで
第3章 始動する大平外交―池田内閣外務大臣
第4章 「戦後の総決算」―自民党筆頭副幹事長から宏池会会長へ
第5章 外交の地平を追う―田中内閣外務大臣
第6章 内外の危機―田中、三木内閣大蔵大臣、自民党幹事長
第7章 環太平洋の秩序を求めて―首相
終章 「永遠の今」

著者等紹介

服部龍二[ハットリリュウジ]
1968(昭和43)年東京都生まれ。京都大学法学部卒業、神戸大学大学院法学研究科単位取得退学。博士(政治学)。現在、中央大学総合政策学部教授。専門は日本政治外交史・東アジア国際政治史。2002年に『東アジア国際環境の変動と日本外交1918‐1931』(有斐閣)で吉田茂賞を、2011年に『日中国交正常化』(中公新書)で大佛次郎論壇賞、アジア・太平洋賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日韓・日中関係、「核密約」と安全保障、消費税導入……。いまに続く諸問題に先鞭をつけるも志半ばで倒れた、哲人宰相の足跡を描く。