文春学藝ライブラリー<br> 鯨の話

個数:
  • ポイントキャンペーン

文春学藝ライブラリー
鯨の話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 05時13分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 300p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784168130632
  • NDC分類 489.6

内容説明

“鯨を研究することが人間の医学の進歩にかなり大きな役目をもち得ると私は最初から信じていた”。日本解剖学の泰斗が二十代の若き日に、魅入られたクジラ。飽くなき自然への探求心を武器に、本邦初の本格的研究に踏み出していく―不朽のサイエンス・エッセイ。

目次

鯨の研究
シーボルトと日本の鯨
鯨の話
クジラの後あしについて
鯨をおそうシャチの話
金華山の沖にて
ひと昔とふた昔まえ
スカンジナヴィア鯨めぐり
ガンジス河にクジラを追う―淡水鯨スウスウを求めて

著者紹介

小川鼎三[オガワテイゾウ]
1901(明治34)年―1984(昭和59)年。解剖学者・医史学者。東京帝国大学医学部卒業。東北帝大助教授をへて母校東京帝大の助教授・教授、順天堂大教授を歴任。脳の比較解剖学的研究や医学史研究で知られた。1951年学士院賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

若き解剖学者がふとしたきっかけで鯨に魅せられ、本邦初の学問を体系化していく。戦後日本を代表する脳科学者が遺した鯨学の金字塔。

解剖学者が切り拓いた「鯨学」の金字塔

若き解剖学者がふとしたきっかけで鯨に魅せられ、本邦初の学問を体系化していく。戦後日本を代表する脳科学者が遺した鯨学の金字塔。