文春学藝ライブラリー<br> 五衰の人―三島由紀夫私記

個数:
  • ポイントキャンペーン

文春学藝ライブラリー
五衰の人―三島由紀夫私記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 13時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 327p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784168130533
  • NDC分類 910.268

内容説明

昭和45年11月25日、市ヶ谷・自衛隊駐屯地で最期を迎えるまで、三島と親交の厚かったジャーナリストが見た「面白い人」とは?四半世紀の時を経て発表された本書は、三島由紀夫という人間の本質を見抜いて絶賛を浴びた新潮学芸賞受賞作!

目次

死者と対話するように
初の体験入隊
「四年待つた」とは?
バンコクで再会
プールサイドの会話
『和漢朗詠集』の一句
林房雄にからむ謎
いつ死ぬ覚悟を?
その前夜まで
十一月二十五日
死後

著者紹介

徳岡孝夫[トクオカタカオ]
1930(昭和5)年、大阪市生まれ。京都大学英文科卒。毎日新聞社で社会部、サンデー毎日、英文毎日の各記者、編集委員などを歴任。ベトナム戦争、中東戦争なども取材。1986年、菊池寛賞受賞。1991年、『横浜・山手の出来事』で日本推理作家協会賞受賞。『五衰の人―三島由紀夫私記』で1997年、第10回新潮学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

一九七〇年十一月のあの日、市ヶ谷の死地に赴く三島から「檄」を託された著者だから見透した人間の本質。三島像を描ききった大傑作。

1970年11月、市ヶ谷台に赴く三島由紀夫は、手紙と写真、そして決死の『檄』を二人の新聞記者に託した。三島の最後の姿をバルコニーの下から見つめ、演説内容のメモを続けた著者が、そのうちの一人だった。

なぜ三島は『檄』を著者に託したのか。雑誌記者と、時代を象徴した戦後を代表する作家・三島。二人の3年半に及ぶ交友の中で、三島はいかなる存在として立ち現れたのか。「あの時」から四半世紀を経て、世の喧騒から逃れ、戦中派作家としての心の変遷と戦後を描いた三島由紀夫論。新潮学芸賞受賞作!

【目次】
第一章 死者と対話するように
第二章 初の体験入隊
第三章 「四年待つた」とは?
第四章 バンコクで再会
第五章 プールサイドの会話
第六章 『和漢朗詠集』の一句
第七章 林房雄にからむ謎
第八章 いつ死ぬ覚悟を?
第九章 その前夜まで
第十章 十一月二十五日
第十一章 死後