文春学藝ライブラリー<br> 失われた兵士たち―戦争文学試論

個数:
  • ポイントキャンペーン

文春学藝ライブラリー
失われた兵士たち―戦争文学試論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 09時29分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 文庫判/ページ数 478p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784168130472
  • NDC分類 910.26

内容説明

「文学の域にまで高められていないという理由で軽んじられ話題にもならず忘れ去られた書物の一群がある。私がとりあげるのはそのような本である」。自費出版、パンフレット類を含め五百冊を超える戦記を蒐集、読破した芥川賞作家。無名兵士たちが綴った言葉の数量と戦場の真実。

目次

敗者が得たもの
虚実
さすらう兵士たち
巨大な陰惨
生者と死者と
河辺の無名兵士たち
海の光
勝利者と敗者と
栄光
象徴〔ほか〕

著者紹介

野呂邦暢[ノロクニノブ]
1937(昭和12)年‐1980(昭和55)年。長崎市生まれ。長崎県立諌早高等学校を卒業後、いくつかの仕事を経て、1957(昭和32)年、佐世保陸上自衛隊相浦第八教育隊に入隊。翌年、北海道陸上自衛隊にて除隊。1965(昭和40)年、「ある男の故郷」が第21回文學界新人賞佳作に入選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

七歳当時、諫早から長崎の爆心地を遠望し終戦を迎えた芥川賞作家が、戦後続々と刊行された有名無名兵士の戦記を読み、戦争を問う。

芥川賞作家が読み解く有名無名の戦記たち

七歳当時、諫早から長崎の爆心地を遠望し終戦を迎えた芥川賞作家が、戦後続々と刊行された有名無名兵士の戦記を読み、戦争を問う。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件