文春文庫<br> 暁からすの嫁さがし

個数:
電子版価格
¥850
  • 電書あり

文春文庫
暁からすの嫁さがし

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2024年05月24日 13時23分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167921453
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

妖魔が蔓延る明治東京――。複雑な家に生まれ育った令嬢・深山奈緒は、失踪した友人を探すため不気味な噂の絶えない「あやしの森」に足を踏み入れる。そこで出会ったのは、不思議な一族の血を引いた青年・暁月当真だった。ひょんなことから奈緒は当真の嫁候補に選ばれ、共に妖魔がらみの事件を追うことに。恋愛ファンタジーの名手が贈る、浪漫綺譚シリーズの開幕!

内容説明

妖魔が蔓延る明治東京―。複雑な家に生まれ育った令嬢・深山奈緒は、失踪した友人を探すため不気味な噂の絶えない「あやしの森」に足を踏み入れる。そこで出会ったのは、不思議な一族の血を引いた青年・当真だった。ひょんなことから奈緒は当真の嫁候補に選ばれ、共に妖魔がらみの事件を追うことに。浪漫綺譚シリーズの開幕!

著者等紹介

雨咲はな[アマサキハナ]
2021年に『鳴かぬ緋鳥の恋唄』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

bookshelf_yt07

5
横浜から東京へ越してきた貿易商令嬢の深山奈緒。失踪した友人を探しにあやしの森へ行くと、妖魔退治の一族当主の暁月当真と喋るカラスのアカツキと出会う。しかも奈緒がアカツキの言葉を交わせることから、当真の嫁候補となってしまい。。。2024/05/02

紅羽

5
舞台は明治の東京。お嬢様、奈緒は失踪した友人を捜す中、不思議な青年当真と出会う。最初は反発し合っていた二人が妖魔絡みの事件を追う内にそれだけではない感情が生まれつつあるところで終わっている。一応完結させるものと思っていたらこんなところで終わっているとは。これは続篇もチェックしたいところです。2024/04/12

色素薄い系

4
カラスの赤月がいいキャラしてる。年長だから頼りになるかと思えば奈緒が何らかの能力を発揮したであろう現場では気絶していて全然役に立ってないところがまたポンコツ可愛い。当真と奈緒の関係はまだまだこれからっぽいけど最後どうしてあのような態度を取るに至ったのか気になるので続きが出るのを待ちたい。2024/02/01

万論

4
次は⁈これからを予感させる終わり方。魔ものを使って1話1話進んでいく。面白い。早く次が読みたい。作るよね。2023/12/13

糸文

3
★★★★☆ 人の心に寄り添うようにする奈緒が好き。奈緒と当馬の関係はなんとなくさくらちゃんと小狼くんに似ていて、一緒に事件解決することで芽生えた感情はとても微笑ましい。今回はちょっと切ないところで終わったようで、多分次巻もあるだろうか。2024/03/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21627388
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。