文春文庫<br> キリエのうた

個数:
電子版価格
¥750
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
キリエのうた

  • 岩井 俊二【著】
  • 価格 ¥759(本体¥690)
  • 文藝春秋(2023/07発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/20~8/25)
  • ポイント 12pt
  • 提携先に18冊在庫がございます。(2024年07月20日 18時18分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167920616
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

住所不定の路上シンガー、キリエは歌うことでしか“声”を出せない。マネージャーを自称する、謎多き女イッコ。二人と数奇な絆で結ばれた夏彦。別れと出逢いを繰り返しながら、それぞれの人生が交差し奏でる“讃歌”。「あの日」から13年の月日を経て岩井俊二が辿り着いた、心に棘が突き刺さる、忘れられない物語。

著者等紹介

岩井俊二[イワイシュンジ]
1963年生まれ、宮城県出身。『Love Letter』(1995年)で劇場用長編映画監督デビュー。映画監督・小説家・作曲家など活動は多彩(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

セロリ

40
スラスラ読める作品。物語は、キリエといっこさんの出会いから、いや再会から始まる。登場人物はそれぞれ事情を抱えている。歌えるけど話せないキリエと、そのマネージャーを買ってでたいっこさん、二人を引き合わせた夏彦のことが章を立てて書かれる。やや説明くさい。もっと読者を信じて、ストーリーの中に織り込んで教えて欲しかったな。そして最後の終章。うーむ、これはいかがなものか🤔 どんな効果を狙ったんだろう?なくても良かったんじゃないかと思ってしまう。2024/02/23

Bashlier

32
3/5 現代作品では珍しいありえそうなフィクション良作。著者は一貫してフィクションとノンフィクションの境界線を探ってきました。本作はかなり熟成が進んだ印象です。今回のテーマは”声”。舞台と追憶の時間差が生々しく描かれてる点がベテラン技巧感たっぷり。ただし、元々が映像化前提の脚本である為、サッパリ塩味。お料理屋さんの突き出しで期待が高まるような感覚。滑り出しは上々、映像作品でこの脚本にどこまで味が乗ってくるのか、今から楽しみにしております。2023/07/09

ぽてち

29
ギターを手に街角に立ち歌うストリートミュージシャンのKyrie(キリエ)。聴く人の心を震わせる歌声をもつ彼女はしかし、歌以外では声が出せず満足に話すことさえできなかった。思いを声にできるのが歌だけなんてまるでファンタジー小説だなと思い読み始めた。まったくの思い違いだった。読み進めるにつれ、彼女の周りにいる風変わりな人々の過去が明らかになり、彼女自身が背負っているものが見えてくる。絶句し、涙があふれた。この作品は岩井さんご自身が映画化されている。残念ながら公開時に観られなかったので、機会があれば観てみたい。2024/02/12

空のかなた

22
原作を読むと、どうして上映中に映画を観なかったのかと後悔があとからあとから湧いてくる。キリエ(希)という名前、逸子(源氏名?)と自分ではない存在のベールをまといながら必死に行きている二人の女性が、スクリーン上でどんなふうな表情をするのか、科白をどう解釈するのか、うずうずしてくる。被害市日本大震災、親愛なる人との別れ、引きずる未練。素敵な世界観でした。2024/01/18

シェルティ

20
BiSHのアイナ・ジ・エンドさんに岩井俊二監督がベタぼれして主役抜擢。原作とアイナさんの境遇が似てるとのこと。映画も早く観たいが、原作はけっこうあっさりでした。2023/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21347878
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。