文春文庫<br> 炉辺荘のアン

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

文春文庫
炉辺荘のアン

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年05月27日 09時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 620p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167917890
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

6人の子の母、医師夫人として、田園に暮らす日々の安らぎ、わが子が育つ喜びと淡い悲しみ。大家族の愛の物語。530項目の訳註付。

内容説明

アン34歳、美しい村の炉辺荘に暮らす。三男三女のわが子に慕われる母の喜び、医師の夫ギルバートを愛し愛される妻の幸せ、平穏な日常を生きる安らぎ、子どもたちの成長と冒険。人生のささやかにして甘美なものを大切に生きるアンが主人公として描かれる最後の長編小説。日本初の全文訳・訳註付アン・シリーズ第6巻。

著者等紹介

モンゴメリ,L.M.[モンゴメリ,L.M.] [Montgomery,L.M.]
1874年、カナダ東海岸プリンス・エドワード島に誕生。教職をへて、1908年の『赤毛のアン』で一躍、世界的な人気作家となる。牧師と結婚、2人の息子を育て、生前に20冊以上の著作を発表。英国王立芸術院会員、大英帝国勲章を受章。1942年に、オンタリオ州で逝去。アン・シリーズの夢と幸福感あふれる文学的世界は、時代をこえて各国で愛されている

松本侑子[マツモトユウコ]
作家・翻訳家。『巨食症の明けない夜明け』すばる文学賞、『恋の蛍 山崎富栄と太宰治』新田次郎文学賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さつき

79
アンシリーズも6冊目になると、成長期の子供達がメインになってきます。昔読んだ時はお母さんになったアンにはあまり興味が持てなかったけど、今の私にはまさにドンピシャ、同じような年代になりました。イヤなおばさんや強烈な個性の隣人達など大人になったからこそ分かる味わいもあり楽しく読みました。次巻からは主役はアンの末娘リラになります。そう思うと、この巻の最後が愛する家族の寝顔を見るアンで閉じる事にしみじみ。子供の寝顔って本当に可愛いですから。巣立つ日が来ることを思い目頭を熱くしながら読み終えました。2022/01/28

あたびー

49
解説によれば、アンシリーズ6作目の本書は、実際にはモンゴメリ生前最後に出版された本らしい。つまり時系列的にはこの後に来る、もっと成長した子供たちの話は、本作よりも前に書かれているということだ。アンの子供たちの幼い日々。子供にとっては大問題の微笑ましいエピソードが各章を飾っている。また、この作品の舞台はWWIより前だが、執筆された時期はヒトラーが台頭し再び軍靴音高くなる頃。先に出ている本に描かれたアン一家の運命を伺わせる表現もあり、幸せの中に不安も感じさせる。2024/04/01

信兵衛

22
47年ぶりに読んでみると、本作、「赤毛のアン」と対称的に描かれていると感じます。2023/01/21

wasabi

14
あのアンが30代も半ばとなり、6人の子どもたちのお母さん。母親譲りのたくましい想像力はよいとしても 、ブライス家の兄弟姉妹は思い込みが「底抜け」で、言わばあまりもの世間知らずから悩みが尽きない。人を信用し過ぎるかと思えば、ずいぶんと勝手な物語(偏見)を抱いてみたり。というか、炉辺荘の周りの子どもたちのいじめが呆れるほど陰湿で嫌になる。大人たちとて似たようなものか。昔のムラ社会では「あるある」話だったんだろう。こうして振り返れば、アンシリーズはアヴォンリー時代で幕にした方が良かったのかも。妄想に夢があった。2023/09/11

まゆみ

14
アン34歳から40歳。作家モンゴメリ65歳生前最後に発行された作品。以前に発行されたアンの子供たちの幼い頃のエピソードを交えながら、母としてのアンが描かれる。時には感情的になるところを垣間見えるところが安心(笑)理不尽に叱ることはなく、子供たちの想像力に感嘆し、常に寄り添う包容力に温かさを感じます。子育ての哲学あり。そして夫婦としての関係性は、最後のエピソードとして面白くて幸福に満ち溢れ、やはり、アンは、アンでした!2022/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18670535
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。