文春文庫<br> プリンセス刑事(デカ)―弱き者たちの反逆と姫の決意

個数:
電子版価格 ¥800
  • 電書あり

文春文庫
プリンセス刑事(デカ)―弱き者たちの反逆と姫の決意

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 13時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167917388
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

豊洲で高齢者を狙う殺人事件が発生。王位継承権を持つ刑事・日奈子は次の犠牲を防ぐことが出来るのか!? ノンストップミステリー!

内容説明

「普通に話していただいて結構ですよ」―女王統治下の日本で、王位継承権をもつプリンセスにして刑事・白桜院日奈子。バディを組む芦原直斗とともに、外国人による殺傷事件を捜査する中、被疑者の行動の裏に未知の薬物の影を感じ取る。日奈子達は次なる犠牲を未然に防ぐことが出来るのか!?書き下ろし人気シリーズ第三弾。

著者等紹介

喜多喜久[キタヨシヒサ]
1979年、徳島県生れ。東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了。2011年、第9回「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞を受賞した『ラブ・ケミストリー』にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆきちん

31
シリーズ第3弾。次々起こる殺傷事件の被疑者の死体から検出されるのは謎の物質ステロイド᙭。それを追うプリンセスと芦原くん。同時にコロナのような新型肺炎が発生し、王族の権限で水際食い止め。うーん、コレができてたら今の日本も違ったのだろうな。プリンセスは刑事としての覚悟が出来て…でも、ちょっとやっぱりむりがある。眞子様が刑事とか考えられないしな。フィクションですね。そういう意味では楽しめます。2021/10/01

よっち

27
バディを組む芦原直人ととも外国人による殺傷事件を調査する中、プリンセス刑事日奈子は被疑者の行動の裏に未知の薬物の影を感じ取る第三弾。外国人の事件の背景として見えてくる人の理性を失わせる薬ステロイドXの存在。外国人排斥を訴える過激政党の存在、そして同時に並行して日本で発生する新型肺炎の流行。様々な要因から外国人排斥の機運が高まる中での捜査でしたけど、外からの水際対策をもっとしっかりとやれていたら、現実でも感染拡大はもう少し抑えられたんですかね…迷える自らの立ち位置をしっかりと見定めた日奈子のこれからに期待。2021/09/22

はる

23
外国人の薬物事件にコロナっぽいものも織り混ぜつつも最初に扱った事件ともつながっており、盛りだくさんの一冊でした。そして、これからの覚悟や信念も決まり、また一歩成長したのではないでしょうか?日奈子の成長と共に、兄も裏方に徹する事を決意。このシリーズはまだ続きそうなので、次回は今回の伏線回収に期待。2022/12/02

そのぼん

21
シリーズ第3弾。ショッピングモールで外国人の男二人が無差別殺傷事件を起こし…。前作を忘れぎみ(というかきれいさっぱり忘れていた)のでちょっと戸惑いましたが、なんとか最後まで読みきれました。作中もコロナ禍となっていたので、『ついにフィクションの世界までコロナが蔓延しているのか…。』とちょっと重い気分になりました。『プリンセス刑事』をはじめとする登場人物のキャラの濃さが面白かったです。2022/05/01

kitten

19
新刊で購入。日本で最も尊い刑事、プリンセス刑事の3巻。二人の関係は相変わらずだけど、かなり落ち着いてる感じ。これだけしっかりと独立した王家がいたら、変な報道もされないだろうし、初動も的確で早そう。コロナっぽい新型肺炎のニュースがらでてきたけど、王家があるというファンタジー世界だと、現実よりはるかに優れた対応できそう。ひとつ間違えるとえらいことになるので、王室を止めるルールも必要なのだが。評価星32021/09/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18197960
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。