文春文庫<br> 紀伊ノ変―居眠り磐音〈36〉決定版

個数:
電子版価格
¥800
  • 電書あり

文春文庫
紀伊ノ変―居眠り磐音〈36〉決定版

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月21日 22時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167915513
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

磐音とおこんは生まれたばかりの空也と心穏やかな日々を得た。だがこの隠れ里にも、丹の鉱脈を掌握せんとする幕府の手が迫っていた。

内容説明

一面銀世界の紀州姥捨の郷で、磐音とおこんは生まれたばかりの空也を抱き、束の間の安息を得た。だが、郷に住む雑賀衆の生活の糧である丹(水銀)の鉱脈を狙って、田沼意次が動き出す。田沼に従うか否か、紀伊藩内の対立も激化。事態を憂う高野山奥之院副教導・室町光然に助力を乞われた磐音は、隠れ里を守るために立ち上がる!

著者等紹介

佐伯泰英[サエキヤスヒデ]
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。「密命」シリーズを皮切りに次々と作品を発表して高い評価を受け、“文庫書き下ろし時代小説”という新たなジャンルを確立する。著書多数。2018年、菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

82
今回は、紀伊の国での出来事が中心です。田沼の刺客がいまだ目を光らせているので動きがままならないところへ別件で高野山から主人公が助力を求められます。紀伊徳川で田沼とも関係が深いとも言われていますが、鉱物資源の権利を政府直轄にしようとする田沼との争いで紀伊藩の中も割れています。そこで主人公などがうまく立ち回りどうにか収めるということです。さまざまな出来事をうまくとっれてます。楽しめます。2020/12/15

とし

77
決定版 居眠り磐音「紀伊ノ変」36巻。空也が誕生し、坂崎磐音、紀伊藩内の内紛にも奔走し、雹田平の相方おつなを屠り、江戸ではお有さんが品川柳次郎へと嫁ぎ、幸吉、おそめもひとつ前進、武村武左衛門さんは何時もと変わらずですがほんわかとした巻でしたね。2020/11/30

yamatoshiuruhashi

38
既に36巻に達する。スピンオフ作品も含めれば40冊を超えて読んでいるのに、「居眠り磐音」の話を他人にしていて作者の名前を正確に言えなかった。「サエキ・ナントカ」と応えるくらい。何冊読んできてもパターンが概ね決まっており、枠組みが少しずつ「敵役」に併せて変わっていく。そのマンネリもまた楽し、である。しかもディテールに蘊蓄がちりばめられていてこれもまた楽しい。今月配本2冊は高野山金剛峰寺の大まかな歴史と俗世権力との相関関係。2020/08/18

紅葉

14
やっと玉のような空也誕生♪隠れ里で無事出産できて本当に良かった。さて少しは穏やかな日々を送れるかと思いきや、里の丹(水銀)の利権を寄越せと田沼が磐音とは別件で圧力をかけてきた為、里が大混乱。里が維持できるのは丹のおかげと知り、磐音はこのまま丹の利権を維持できるよう、同じ丹を密かに採掘している立場でも交渉の表舞台に立てる高野山慈尊院の公師老師と行動を共にする。和歌山藩の御家騒動に図らずも巻き込まれた磐音ですが、スルッと核心に肉薄し、なんとか里が維持できるラインを死守。 品川さんもやっと祝言、目出度い♪2021/02/16

fuku3

12
2021.5.22読了。居眠り磐音シリーズ第36弾。息子空也が生まれ姥捨の郷で束の間の安息!老中田沼が紀伊の丹(水銀)に目を付け江戸幕府主導で丹会所を作ると!和歌山藩は田沼派と反田沼派に別れ御家騒動に発展か⁉︎磐音は姥捨の郷を守る為に立ち上がる!江戸では品川の祝言が磐音の件で滞っていた!今津屋の由蔵が仲介して月下氷人を御殿医の桂川国瑞・桜子夫妻に代役をお願いし無事祝言が行われた!巻末に江戸よもやま話、御家騒動が掲載!江戸の三大御家騒動"伊達騒動、加賀騒動、黒田騒動"どれもみな面白そう是非読んでみたい!2021/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16047971
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。