文春文庫<br> 遠霞ノ峠―居眠り磐音〈9〉決定版

個数:
電子版価格
¥800
  • 電書あり

文春文庫
遠霞ノ峠―居眠り磐音〈9〉決定版

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月27日 10時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 361p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167913007
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

吉原で、新たな太夫が選ばれることに。花魁・白鶴となったかつての許婚・奈緒の名が有力な候補として噂され、磐音の胸を騒がせる。

内容説明

吉原で新たな太夫を客が選ぶ催しが行われることに。花魁・白鶴となったかつての許婚・奈緒の名が「松の位」の有力な候補として噂され、磐音の心を騒がせる。一方、鰻屋「宮戸川」での奉公がはじまった幸吉は釣り銭騙りにひっかかり、磐音に泣きついてくる。さらに、奉公に出たばかりの娘が巻き込まれて…。磐音が悪を追う!

著者等紹介

佐伯泰英[サエキヤスヒデ]
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。“文庫書き下ろし時代小説”という新たなジャンルを確立する。著書多数。2018年、菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナイスネイチャ

101
どんどん奈緒が遠い存在に。大体これからの筋書きは読めてくるんですが、王道剣客物語として続編楽しみ。2020/04/14

KAZOO

99
やっと主人公たちの努力が実って、旧藩の海産物が江戸へ運ばれて評価を受けます。ところが同じ藩のなかにそれを独占して利益を得ようとする動きが出てきます。お決まりの結末ですが主人公はやはり強く邪魔を取り除いていきます。また日銭を稼ぐために博徒たちの用心棒として秩父へ出かけてそこでも事件が起こります(言い訳のようなことを博徒に言わせています)。2019/06/24

とし

88
決定版 居眠り磐音「遠霞ノ峠」9巻。何はともあれ関前藩の初荷が江戸に運ばれ良かった。安永の太夫選びに僅差で二位に、幸吉が宮戸川で奉公を、豊後関前藩でも豊後関前藩江戸家老利高による新たな火種が、やくざの用心棒にもなり、磐音は忙しいですね。 2020/07/30

ともくん

32
苦界に陥って一年で、吉原一の花魁になった、磐音の許嫁の奈緒。 江戸で、注目を集める安永の太夫を決める入れ札。 吉原遊女三千人の頂が決まる。 そして、豊後関前藩の藩物産所の初回の大成功。 だが、磐音の周りには不穏な空気が流れ始める。2023/09/04

yamatoshiuruhashi

32
6月配本の2。時代小説の江戸物と遊郭、吉原とは切り離せないものなのか。高田郁の「みをつくし料理帖」シリーズも主人公のごく身近な人が花魁となったが、このシリーズもそこは同じ、剣客が主人公であるだけに全体の趣は全く違うが。今回も磐音は博徒が女衒の真似事をする用心棒を務める破天荒な役割を果たす。待ちに待った国許からの千石船は無事到着。藩財政の建て直しも漸く緒につくことができるようだ。しかし新たな派閥争いの芽が生じたようだ。巻末の江戸の解説も面白い。これだけとっても毎月の楽しみになりそうである。2019/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13703393
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。