文春文庫<br> 長いお別れ

個数:
電子版価格
¥723
  • 電書あり

文春文庫
長いお別れ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月18日 14時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167910297
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

認知症を患う東昇平。遊園地で迷子になり、入れ歯は次々消える。ときにユーモラスな事態を起こしながら、病気は少しずつ進んでいく。かつて中学の校長だった東昇平はある日、

同窓会に辿り着けず、自宅に戻ってきてしまい、

心配した妻に伴われて受診した病院で

認知症だと診断される。



昇平は、迷い込んだ遊園地で出会った幼い姉妹の相手をしたり、

入れ歯を次々となくしたり、

友人の通夜でトンチンカンな受け答えを披露したり。

妻と3人の娘を予測不能なアクシデントに巻き込みながら、

彼の病気は少しずつ進行していく。

そして、家族の人生もまた、少しずつ進んでいく。



認知症の父と妻、3人の娘が過ごした、

あたたかくも切ない、お別れまでの10年の日々。

中島 京子[ナカジマ キョウコ]
著・文・その他

内容説明

かつて中学の校長だった東昇平はある日、同窓会に辿り着けず、自宅に戻ってくる。認知症だと診断された彼は、迷い込んだ遊園地で出会った幼い姉妹の相手をしたり、入れ歯を次々と失くしたり。妻と3人の娘を予測不能なアクシデントに巻き込みながら、病気は少しずつ進行していく。あたたかくて切ない、家族の物語。中央公論文芸賞、日本医療小説大賞、W受賞作。

著者等紹介

中島京子[ナカジマキョウコ]
1964年生まれ。作家。2003年田山花袋『蒲団』を下敷きにした書き下ろし小説『FUTON』でデビュー、野間文芸新人賞候補となる。2010年『小さいおうち』で直木賞を受賞し、2014年に山田洋次監督により、映画化。同年『妻が椎茸だったころ』で泉鏡花文学賞を受賞。2015年刊行の『長いお別れ』で中央公論文芸賞と日本医療小説大賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件