文春文庫<br> 幽霊候補生―赤川次郎クラシックス

電子版価格
¥723
  • 電書あり

文春文庫
幽霊候補生―赤川次郎クラシックス

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167909086
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

乗用車・湖へ転落、大学生絶望か――夕子が〝死亡〟して五か月後、最近撮られた写真に夕子を見つけた宇野。現地へ向かうが。

内容説明

“乗用車・湖へ転落―大学生二人絶望”というテロップのあと、テレビ画面に映ったのは永井夕子の顔。夕子が死んだ。五カ月後、失意の宇野警部はある事件を捜査中、件の湖で撮られた写真に夕子の姿を見つける。すぐさま車に乗りこみ、深夜に湖に到着するが、そこで宇野を出迎えたものは!?傑作中篇「幽霊」シリーズ第二弾。

著者等紹介

赤川次郎[アカガワジロウ]
1948(昭和23)年2月29日、福岡生まれ。桐朋高等学校卒業。1976年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞、以来ベストセラー作家として活躍。「幽霊」シリーズの他に、三毛猫ホームズ、三姉妹探偵団など、数々の人気シリーズがあり、著作は600冊を超える。2005年に第9回日本ミステリー文学大賞、2016年に「東京零年」で第50回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

そうたそ

28
★★★☆☆ 「幽霊」シリーズ二作目。シリーズのために必要な「幽霊」しばり的冒頭作はややとってつけたような感じもする内容で、むしろ他の作品がそういう制限がないだけに出来がいい気もする。一作目「幽霊列車」に比べるとミステリ度合いはやや薄れるが、それでもしっかりと謎解きをしており、最近の同シリーズ作に比べると、ミステリとしても幾分読み応えがある。それにしても夕子はよくも毎度毎度絶体絶命の危機に陥るものである。ユーモア交えて書かれているため危険度合いも薄く見えるが、冷静に考えればなかなかのものである。2017/09/28

ゆき

10
すごく昔にかかれてるのかしら…と第1話で。なんといっても中風。今時言わないですからね、中風。宇野警部と年若い女子大生彼女の夕子が謎に首を突っ込んだらしながら謎を解く5話収録。表題作の幽霊候補生とライオンは寝ているが好みでした。こんなに年が離れていて…とやきもきする警部が可愛らしかったです。2018/05/10

R

4
幽霊シリーズ二作目。前回より宇野さんと夕子さんのやりとりが面白かった。原田さんの宇野さんへの一言で笑ってしまう。どれも良かったが巷に雨の降るごとく、眠れる棺の美女、が面白かった。三作目も読んでみます。2021/05/12

うさぎ

3
赤川次郎はいい。心が不安定なときでも読める。ありがたい作家さん。2023/08/06

Ryoko

3
夏の暑さに参っていたときタイトルと裏表紙を見て衝動買い。でもホラーものじゃなく、年の差カップルのほのぼの事件ものでした。重い刑事ものが好きな私には物足りなかったので子供に読ませようと思ったけど、カップルのちょっとエッチな場面もあるので子供にも無理。読む人を選びそう。2017/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12014464
  • ご注意事項