文春文庫<br> 猫が見ていた

個数:
電子版価格
¥652
  • 電書あり

文春文庫
猫が見ていた

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月24日 06時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 226p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167908904
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

出版社内容情報

猫を飼うふりを続けていた男の謎。同じマンションの住人の猫を密かに飼う女…七人の名手が書き下ろした猫の物語! 猫好き必読です。

内容説明

現代を代表する人気作家たちが猫への愛をこめて書き下ろす猫の小説、全7編。作家の家の庭に住みついた野良猫。同じマンションの女の猫が迷い込んできたことで揺れる孤独な女の心。猫にまつわる名作絵本に秘められた悲しみ…ミステリアスな猫たちに翻弄される文庫オリジナルアンソロジー。巻末にオールタイム猫小説傑作選も収録。

著者等紹介

湊かなえ[ミナトカナエ]
広島県生まれ。2009年『告白』で本屋大賞、12年「望郷、海の星」で日本推理作家協会賞受賞

有栖川有栖[アリスガワアリス]
大阪府生まれ。2003年『マレー鉄道の謎』で日本推理作家協会賞、08年『女王国の城』で本格ミステリ大賞受賞

柚月裕子[ユズキユウコ]
岩手県生まれ。2008年『臨床真理』で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。16年『孤狼の血』で日本推理作家協会賞受賞

北村薫[キタムラカオル]
埼玉県生まれ。1991年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、2009年『鷺と雪』で直木賞受賞

井上荒野[イノウエアレノ]
東京都生まれ。1989年『わたしのヌレエフ』でフェミナ賞を受賞しデビュー。2008年『切羽へ』で直木賞受賞

東山彰良[ヒガシヤマアキラ]
台湾生まれ。2002年、「このミステリーがすごい!」大賞銀賞、読者賞を受賞し『逃亡作法』でデビュー。15年『流』で直木賞受賞

加納朋子[カノウトモコ]
福岡県生まれ。1992年『ななつのこ』で鮎川哲也賞を受賞しデビュー。95年短編「ガラスの麒麟」で日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

521
わたしの人生にはいつも猫がいた(いる)。そんな猫好きのためのアンソロジー。アンソロはあまり期待せずに読むが、これはなかなかの力作揃い。そもそも作家さんって猫好き多いイメージだものね。この表紙を以前、我が家のロミ男で再現したのがこちら。【表紙を再現したい】部では、みなさんの参加をお待ちしております😎 https://bookmeter.com/communities/340039/topics/23243/comments/26015922023/10/16

356
豪華な作家さんたちによる猫にまつわる短編集。湊かなえさんの「マロンの話」柚木裕子さんの「泣く猫」井上荒野さんの「凶暴な気分」が好きでした。私が子供時代はまだ犬の方がダントツ人気で、猫派は異端なイメージを持たれて少数派だったものですが、最近は世の中が本当に猫ブームになったので大いに猫の魅力を話せるし、また書籍も沢山あって嬉しいです。とは言え、実際は夏目漱石からもはや猫の時代は始まっていたのですよね。2017/08/11

ウッディ

296
猫に関する7つの物語。人気作家のアンソロジーとう事で、猫の描き方、物語のテイストがそれぞれらしさが出ていて面白かった。同じマンションの女の猫を部屋に軟禁する「凶暴な気分」は、井上荒野さんらしい女の毒の描き方と後味の悪さが面白かった。あと、柚月裕子さんの「泣く猫」のジワーとした読後感、「三べんまわってニャンと鳴く」の加納朋子さんらしいホノボノ感があり、どちらも良かった。この七人で犬の物語を書くとどうなるのか、読んでみたいです。2018/06/29

mae.dat

287
ねこねこアンソロジー7篇。先ず、表紙さびねこちゃんの表情が絶妙でしょう( ¨̮ )。ねこは重要な役どころですが、ねこを小道具みたいに使ってあって、人を描いた作品が多かった印象かなぁ。最後には『オールタイム猫小説傑作選』のおまけが付いていて。儂も「猫本」本棚作っているよ。澤田瞳子さんに親近感。澤田さんはねこ小説は執筆されていないのかしら。紹介された本12冊中既読は3冊しかないや。良さげなのもあります。参考にさせて頂きます。伊坂さんの『夜の国のクーパー』猫本とは思っていませんでした。そのうち読むし。2023/06/05

中原れい

255
猫がさまざまに顔を出す話を集めた、軽く読める短編集。「エア・キャット」目当てだったけど特に推理と限っていない。ほのぼのから嫌な気分まで揃ってます、というのは書いた顔ぶれを見てもわかるかも。普段読まない人のしばりのある文章を読むのも楽しかった。2017/11/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11916791
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。