文春文庫<br> 屋上のウインドノーツ

個数:
電子版価格 ¥804
  • 電書あり

文春文庫
屋上のウインドノーツ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月23日 03時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 368p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167908683
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

引っ込み思案の志音は、屋上で吹奏楽部の部長・大志と出会い、人と共に演奏する喜びを知る。圧倒的熱さで駆け抜ける胸キュンの物語。

内容説明

ひとりぼっちの高校生活を送る引っ込み思案の少女・志音。くじ引きで吹奏楽部部長となった大志。屋上でドラムのバチを手にリズムを刻む志音を見た大志は思わず部活に勧誘する。大志との二人きりの演奏を通して人と一緒に演じる楽しさを知った志音は入部を決意する。その夢は大きく「東日本大会」出場!

著者等紹介

額賀澪[ヌカガミオ]
1990年、茨城県行方郡麻生町(現・行方市)生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業後、広告代理店に勤務。2015年、『ヒトリコ』で第16回小学館文庫小説賞を受賞。同年「ウインドノーツ」(本作・『屋上のウインドノーツ』に改題)で第22回松本清張賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さてさて

161
『俺さ、今日、確かに、何かを踏み越えられたよ』という大志の成長。『志音のいない世界で、瑠璃ちゃんは変わって行く。多分、自分も瑠璃ちゃんのいないところで変わって行く』という志音の成長。それは『変えたいって、思ったんだろ』という気づきの瞬間のその先に、主人公達の最初の一歩が、力強い確かな歩みへと変わっていく瞬間を見る物語。物語前半の主人公達の様々な悩みの中に始まる重量感のある物語が、新しい風が吹くのを確かに感じる清々しい物語に昇華するその結末。ああ、青春ってやっぱりいいよね、思わず呟いた青春小説の傑作でした。2021/09/27

ホウフリンク

110
いわゆる青春物で、読み終わった後の爽やかさは秀逸でした。 話の中盤までは、もっさりした感じで何を読まされているのかなって感じですが、多分、過去からの問題を抱えた主人公の少女を表すためにそういう表現になったのかもしれません。 その少女が、父親と会って何かが変わった時に、それをもう一人の主人公に気付かされるのが屋上で、このタイトルにつながるのでしょうね。まあ、ウインドノーツの意味がよくわかりませんでしたが…。 読みやすいし、比較的共感できる部分も多々あるのではないでしょか? 2020/07/23

だまだまこ

70
額賀さんの吹奏楽小説は「風に恋う」に続いて2作目。風に恋うの満足度があまりに高くて、どうかなと思ったけど、全く期待を裏切らなかった!コンクールで敗れる悔しさも、音楽を奏でる歓びも、体験したことのある感情ばかりで、主人公の気持ちがダイレクトに伝わる。序盤から涙が止まらない。金賞取って勝ち進むような話じゃなくて、迷い悩みながらコンクールを目指すリアリティのある設定なので好感が持てた。友達や家族との距離感も上手く描かれていて、吹奏楽に触れたことのある人はもちろん、そうでない人にも青春小説としてオススメの1冊。2019/05/29

じょんじょん

61
すごい!素晴らしい、心洗われる青春成長小説です。心閉ざしてい主人公志音が先輩で吹奏楽部部長の大志によって、心がとけて打ち込むことに目覚めていく、そして大志も心に抱えたトラウマを志音によって、解放されていく。交替の目線で語られるハートフルストーリーに途中何度も涙腺崩壊しかけました。吹奏楽部の活動のなかで、特徴的な仲間たちも活き活きと描かれていますね。吹奏楽がブラバンと違うこと、そして吹奏楽がウインドミュージックと呼ばれること。解説で初めて知りました。まさに一風のさわやかな涼風が吹き抜けたような読後感でした。2018/05/21

たるき( ´ ▽ ` )ノ

51
好き!とてもひたむきで爽やかで真っ直ぐで、読んでいて気持ちのいい作品だった。様々な葛藤もしっかりと描かれ、人物像がはっきりしていてイメージしやすかった。【シーゲート序曲】ぴったり!2019/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11768065

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。