• ポイントキャンペーン

文春文庫
高倉健 Ken Takakura 1956‐2014

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 354p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167907389
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0195

出版社内容情報

高倉健さんが亡くなって2年。日本映画の黄金時代そのものだった昭和の大スターの、清廉高潔な生き方と魅力を余すことなく伝える追悼2014年11月10日、83歳で亡くなられた高倉健さんの追悼本です。

養女である小田貴さんの特別手記は、病気が発覚してから亡くなるまでが臨場感あふれる筆致で描かれています。たとえば「薬や機械に頼ることなく、最後に自らの呼吸で旅立つまで、頭にあったのは”次の一本”」「苦しい呼吸の中、一生懸命言葉を発し続けてくれました。最後に聞きとれたのは、『慌てるな、慌てるな』でした」など、克明な闘病生活が綴られています。

亡くなる4日前に完成したという健さんの「最期の手記」は、本誌に戦後70周年企画で掲載されるや大反響を呼んだものです。病床で推敲を重ねて書いた原稿の最後には、「僕は、志があって俳優になった訳ではない。思いもよらない変化をかいくぐりながら、出逢った方々からの想いに応えようと、ひたすらもがき続けてきた。『往く道は精進にして、忍びて終わり、悔いなし』」と死を覚悟していたかのよう。

長嶋茂雄、降旗康男、奈良岡朋子、沢木耕太郎など健さんと交流のあった著名人のインタビューや原稿、映画関係者による全205作品鑑賞ガイド、健さんが自ら答えた一問一答や愛憎品なども掲載。健さんが二度命を落としそうになった映画「南極物語」撮影秘話は涙なしには読めません。ガンと闘った余命いくばくもない医師との心温まる交流など、高倉健さんのお人柄が偲ばれるエピソードを紹介してくれたサンテレビ報道部記者の藤岡勇貴さんは「高倉健さんと不思議なご縁をいただき、そしてこのたびの文庫化を通じてこのことを世の中に知らせていただけることに感謝を申し上げます」とのこと。

高倉健さんの生き方に、改めて感動し、ファンになること間違いないの内容です。

文藝春秋[ブンゲイシュンジュウ]

内容説明

2014年11月10日に、83歳で亡くなられた高倉健さん。亡くなる4日前に脱稿した手記をはじめ、養女が明かす闘病の日々、俳優・高倉健をもっともよく知る名監督のインタビューなど各界の著名人による追悼の声を収録。寡黙で律義で礼儀正しくてやさしかった人―戦後日本を代表する映画スターの素顔と魅力の集大成がいまここに!

目次

特別手記 高倉健というプライド―小田貴(養女)
病床で振り返った83年の人生 最後の手記―高倉健
独占インタビュー 健さんと生きた五十七年―降旗康男(映画監督)
特別寄稿 深い海の底に―高倉健さんの死―沢木耕太郎(作家)
憂魂、高倉健―横尾忠則(美術家)
スペシャル対談 高倉健×国谷裕子(キャスター)
各界の著名人20人が語るとっておきの秘話 健さんと私
高倉健を男にした男たち―坪内祐三(評論家)
映画通6人による205作品鑑賞ガイド
健さんは二度遭難した 南極物語撮影裏話―角谷優(元フジテレビプロデューサー)
ガンと闘った人情医師との往復書簡―藤岡勇貴(サンテレビ報道部記者、当時、青森朝日放送アナウンサー)
高倉健はなぜ中国で「熱烈歓迎」されたのか―劉文兵(映画評論家、東大大学院研究員)
痛快!健さん名言録―吉田豪(プロ書評家)
自ら答えた「一問一答」
遺品コレクション

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よし

4
最後の手記、健さんよく知る各界のインタビュー、追悼の声など。知れば知るほど素顔と魅力が広がっていく。「 人生いろいろな岐路があるわ。その時に何を基準にするかって言ったらかっこいいほうに行く。それが高倉健のかっこよさや」「 八十歳を超えても姿勢よく美しいたたずまいができる秘訣とは?「 まだまだモテようと思っているから自分に厳しくできるのかもしれません。」「 若い頃の自分を思い出すから、余計弱い立場の人に威張るのは恥ずかしいやつのすることだと思っています。」2021/05/15

桑畑みの吉

3
早いもので亡くなって6年(2014年没)が経過した。2015年に追悼本として出版された本書は養女が語った闘病記、著名人が語る健さんとの秘話、インタビュー、映画通によるお勧め作品紹介、全205作品鑑賞ガイドなど故人の魅力を存分に伝える内容となっている。追悼本ゆえに律儀で礼儀正しい健さんを称賛する内容が殆どであるが、吉田豪氏がコレクションしているタレント本から引用しているちょっと砕けた健さんの姿が良かった。寡黙な公的イメージがあるが悪戯好きで意外とおしゃべりな側面もあったようだ。2020/11/30

tecchan

1
故高倉健の人柄、魅力を本人の手記や関係者、有識者の証言などにより描いている。これまであまり知られなかったエピソードも語られる。氏の人柄の素晴らしさを再認識、主演作をまた見たい気持ちにさせられる。2018/05/11

バカ殿。

1
さすが、文春だ、養女の手記が載っている。健さんを偲ぶ、寄せ書きみたいな本たまが、初めて知る内容多くてよかった。年末年始は、健さんの映画みまくるぞ、楽しみだ〜2016/11/29

tsukamg

0
没後すぐ出版されたムック本の文庫化。今さら健さんについて、意外な一面など知りたくはない。健さんは、健さんであり続け、生ききったのだ。思い出すことで、心が少し暖かくなる。そしてつぶやく、ああ健さんと。 吉田豪の寄稿のみ、らしさに満ちており、ゆえに浮いてはいたが、悪い気はしなかった。2017/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11183327
  • ご注意事項