文春文庫<br> 増山超能力師事務所

個数:
電子版価格
¥702
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
増山超能力師事務所

  • 誉田 哲也【著】
  • 価格 ¥759(本体¥690)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/20~8/25)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月20日 23時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 372p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167906054
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

超能力が事業認定された日本で、能力も見た目も凸凹な所員たちが、浮気調査や人探しなど悩み解決に奔走。笑いとほろ苦の連作短編集。信頼と実績の当事務所が超能力でお悩み解決!



超能力が事業認定された日本で、能力も見た目も凸凹な所員たちが、浮気調査や人探しなど悩み解決に奔走。笑いとほろ苦の連作短編集。誉田 哲也[ホンダ テツヤ]

内容説明

日暮里駅から徒歩10分。ちょっとレトロな雑居ビルの2階にある増山超能力師事務所―。所長の増山率いる、見た目も能力も凸凹な所員たちは、浮気調査や人探しなど、依頼人の悩み解決に今日も奔走。超能力が使えても、そこは人の子。異端の苦悩や葛藤を時にユーモラスに時にビターに描く人気シリーズ第1弾。

著者等紹介

誉田哲也[ホンダテツヤ]
1969年、東京都生まれ。学習院大学卒。2002年『妖の華』で第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。2003年『アクセス』で第4回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆきねこ

163
大戦争を先に読んだけど、これを読んでおいた方が良かった。各所員の性格、能力がユーモアたっぷりに描かれています。大戦争より軽快で読みやすい。増山所長の魅力、明美の切なさがよくわかった。史乃の能力と特異さが描かれている。悦子さん、本当に有能。無能力者として描かれている篤志君が可愛らしかった。旦那さんと一緒に蕎麦屋を営んでいた朋江さんが精神的なお母さんなのか、よくわかりました。増山さんに作って揚げていたうどんも旦那さんが作ったかき揚げ蕎麦も涙が出るほど美味しそうだった。誉田さん、人情を描くのとってもうまい。2021/02/20

takaC

162
数年ぶりの再読だったけどやっぱり面白かった。続編希望。 /高原篤志「初仕事はゴムの味」、中井健「忘れがたきは少女の瞳」、大谷津朋江「愛すべきは男の見栄」、住吉悦子「侮れないのは女の堪」、河原崎晃「心霊現象は飯のタネ」、宇川明美「面倒くさいのは同性の嫉妬」、榎本克己「相棒は謎の男(今では無二の友)」2017/02/22

紫 綺

153
単行本にて読了。表紙がカッコよくなってる!でもこの表紙なら手に取らなかったかもしれない。面白かった♪2016/09/01

修一朗

139
超能力を使う仕事と言えばいくらでもオオゴトが思いつきそうだけど,超能力が認定された世の中は探偵業のツールとして使うぐらいでちょうど良く収まる…ってところでライトに楽しめる短編集だ。事務所メンバーはキャラしっかり,でもみなさん過去もちゃぁんとおありで超能力を持つがゆえにそれなりに苦労してきている人たちだし,誰のエピソードも面白かった。この超能力探偵業界は発展途上でこれから業務拡大が望めそうだ。いかにも次がありそうな終わり方だったし,今度は榎本さんとのコンビで巨悪と対決してほしいな。。。。2016/09/17

ゴンゾウ@新潮部

133
誉田さんの抽斗の多さに驚かされる。今回の主役は超能力を持った探偵達。もっとSF色が強いかと思ったが人間ドラマになっている。超能力が悪用されないために規範を作る増山。人は違う能力を持ってしまったことに 戸惑う超能力達。敵対する闇の組織の影もちらほら。新たな誉田ワールド。2019/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10837683
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。