• ポイントキャンペーン

文春文庫
マルセル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 591p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167903596
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

一九六八年、京都国立美術館から消えたロートレックの名画「マルセル」。実在の事件を基に謎を追う女性記者の活躍を描くミステリー。

実在の事件に材を取った絵画ミステリー

一九六八年、京都国立美術館から消えたロートレックの名画「マルセル」。実在の事件を基に謎を追う女性記者の活躍を描くミステリー。

内容説明

昭和四十三年、京都国立近代美術館からロートレックの名画「マルセル」が忽然と消えた。亡父・謙吉がこの事件を執拗に追っていたと知った新聞社文化部の瀬川千晶は、四十余年前の謎に導かれるまま、神戸、京都、パリで、家族の驚くべき真実と出会う。実在の未解決事件をテーマにした、芳醇なる絵画ミステリ。

著者等紹介

高樹のぶ子[タカギノブコ]
1946年、山口県生まれ。84年「光抱く友よ」で芥川賞を受賞。95年『水脈』で女流文学賞、99年『透光の樹』で谷崎潤一郎賞、2006年『HOKKAI』で芸術選奨文部科学大臣賞、10年「トモスイ」で川端康成文学賞を受賞した。2001年度より芥川賞選考委員を務める。09年4月紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

エドワード

22
生後すぐに母を亡くし、新聞記者の父は仕事人間、両親の愛を知らずに育った瀬川千晶は父と同じ新聞記者として多忙な日々を送る。父の死後、遺品の中から昭和43年のロートレックのマルセル盗難事件の取材ノートを発見する。記者の血と両親への思慕のままに走り出す千晶が魅力的だ。実際に起きた事件を元に展開する物語。舞台は京都、私は昔の京都国立近代美術館を覚えている。岡崎神宮道から北白川小倉町へ、私の目は千晶の目となって現場へ飛ぶ。画廊夫妻と謎の画商、パーコレーターの秘密。絵画って何?サスペンス満点、驚きと幸福に満ちた終幕。2017/02/08

sheemer

8
Unlimited。40年の歳月を超えて現われるロートレック作「マルセル」盗難事件の真相と、それに絡んだ複数の謎解き。現場調査がちゃんとしているのか、臨場感があり、安定して読み進めることができた。トリックがすごい、というよりもストーリー全体の構築で読ませている。好きな作家になりそうだ。2019/02/14

noémi

8
面白いって言っちゃ面白いんだけど…。私は京都に住んでいますが、こんな素敵で金持ちの画家さんが住んでいるところではないですね。であってすぐに東京に追いかけてきてくれる男ってどんだけ~?って感じです。やっぱここら辺は物語やわ、って気がする。40年以上前に地元でこんな事件が起きていたとは露知らず。しかしロートレックってデッサン上手いわ~って思いながら読んでました。2017/03/13

多喜夢

6
日本の展覧会で、実際にロートレックの絵が盗難にあったという事件を始めて知った。この小説はその事件を題材に、世界的な贋作つくりの組織や、主人公の出生の秘密などを絡めたミステリ。話が大きくなり過ぎてどうなることかと思ったが、なんとか落ち着いて良かった。2019/12/28

都鳥

3
母が面白かったよ、と貸してくれた本。 勝手に古い話と思って読み進めると、2011年位の話。 主人公の千晶もオリオさんももっと昔の人みたい。 36才で美人な設定なのに、そんなに女として常に勝ち負け考えてるのはどうなんだ、、ちょっと腑に落ちない。 京都の町並みがみえるようで京都好きには楽しめた。2020/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9729383
  • ご注意事項