文春文庫
花がないのに花見かな

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 281p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167900809
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

草食男子に「くる日もくる日もムシャクシャ、イライラ」。それを発散するため獣の肉を食べに行く元祖肉食男子?! の痛快エッセイ。

肉食で悪いか!? 衰え知らずのショージ君の日常

草食男子に「くる日もくる日もムシャクシャ、イライラ」。それを発散するため、獣の肉を食べに行く元祖肉食男子? の痛快エッセイ。

内容説明

はとバスで花見ツアーに出かけるも、桜は「咲いてないに等しい」―ムナシイ。激安温泉宿で自炊する―ワビシイ。銭湯をハシゴする―メズラシイ。はとバスで歌声ツアーに参加―ナツカシイ。草食男子―ユルスマジ~!いつも通り力を持て余し気味、ショージ君のオトコラシイ(?)大好評エッセイシリーズ。

目次

花がないのに花見かな
ホルモン道入門
ニッポン自炊旅行
三つ星登山高尾山
中国人温泉ツアーに潜入!
「お早よう」でいいのか
人間の行動を考える
したくないことはしたくない
銭湯をハシゴする
歌うはとバス〔ほか〕

著者等紹介

東海林さだお[ショウジサダオ]
本名庄司禎雄。昭和12(1937)年東京生れ。早稲田大学露文科中退。45年第16回文藝春秋漫画賞、平成7年第11回講談社エッセイ賞受賞。9年漫画とエッセイ両分野の活躍により第45回菊池寛賞受賞。12年紫綬褒章受章。13年第30回日本漫画家協会賞大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えむ女

33
いや〜やっぱり面白かった。丸かじりシリーズの食べ物じゃない編みたいな感じで、東海林さんらしいするどい観察とクスッと笑えるイラストとオチがなんとも言えない!対談もすごく良かった。2014/04/13

s-kozy

26
ホルモン道に自炊旅行、女探偵の浮気調査、銭湯をハシゴしたら樹海での自殺を検討して、草食男子は許さない。今回も安定感のある信頼できる面白さの東海林さだお先生のオトコラシサ溢れるエッセイシリーズです。これを読んだ男性読者の95パーセントが「薬指に比べて人差し指が短いほうがいいんです」(「対談 草食男子、許すまじ!」より)のところで自分の手を確認したことでしょう。えっ、私ですか?もちろん、薬指と人差し指の長さを比べてニヤリとしましたよ。2014/05/06

アズル

24
今回は対談が突出して面白かったです。私の大好きな竹内久美子さんとの対談、しびれました!探偵、富士の樹海、どちらも知らない世界で、ふむふむ。「自分を今すぐ探そう」も、軟弱な自分探しをする若者に読ませたい気分!2014/04/11

Pー

20
毎度お馴染みの「丸かじりシリーズ」じゃなかった。東海林ファンとしてはそれでも差支えなし。これは『オール読物』での連載エッセー。表題の「花がないのに花見かな」の他、13編のエッセーがまた恐ろしいほど面白い。はとバスで行くまだ桜の咲いていない「夜桜の隅田川花見船と千鳥が淵の桜」ツアーの体験。他に「自炊旅行記」「湯銭のハシゴ体験」「草食男子の考察」・・・。少々長めのエッセーはオヤスミ前のリラックスタイムには最高!それに女探偵(大徳さん)、樹海(栗原さん)、草食男子(竹内さん)との対談がとてもリアルで愉快!2014/11/27

こぺたろう

10
長編小説を読んでいる合間に読了。東海林さんのエッセイの中でも相当上位の面白さでした。世に出回るフタのヘニャ化、フニャ化を憂いたと思いきや、一転謝り倒したり。なぜこんな事を思いつくのかと、着眼点に脱帽。基本的に嫌いな対談ものも、草食系男子や青木ヶ原樹海といった興味深いテーマ設定で、楽しく読めました。本書の中で登場した本が面白そうだったので購入。いやはや、本は増える一方。読むのが追いつきません。2017/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7975820

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。