文春文庫<br> 三匹のおっさん

個数:
電子版価格
¥764
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
三匹のおっさん

  • 有川 浩【著】
  • 価格 ¥764(本体¥695)
  • 文藝春秋(2012/03発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/20~8/25)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月20日 04時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 443p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167831011
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

還暦くらいでジジイの箱に蹴りこまれてたまるか! 武闘派2名と頭脳派1名のかつての悪ガキが自警団を結成。痛快冒険活劇です。

内容説明

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!その活躍はやがてキヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗にも影響を与え…。痛快活劇シリーズ始動。

著者等紹介

有川浩[アリカワヒロ]
高知県生まれ。2004年、第10回電撃小説大賞“大賞”受賞作『塩の街』でデビュー。続く『空の中』『海の底』と共に通称「自衛隊三部作」として注目を集める。「図書館戦争」シリーズは本編完結後もアニメ化などで大ブレイクを続け、その作品は多分野にわたり話題を呼んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どんちん

1099
久しぶりにワクワクしながら、引き込まれた作品だった。推理小説のように強烈にのめりこむような感じではないのだが、寝る前にちょっとが全くちょっとではなく・・・とまさにお約束w 3匹の設定もさることながら、祐希と早苗の関係も非常にいい。うまく3匹のおやじさ加減を引き出していると思う。また、ガチガチの勧善懲悪でもなく、多少余韻をもたせ考えさせられるとこも絶妙である。是非とも次作も読破しないとまずいな。これならTVドラマ版も期待してもいいか?2015/01/09

kaizen@名古屋de朝活読書会

1073
還暦の「おっさん」3人とその家族の物語。短編5話。 最初の話は、三世代を描写。 途中から、祖父と孫が中心。祖父の2人の友人との三人組と、そのうちの一人の娘が、孫と仲良くなる。 還暦近辺の3人と高校生の2人の5人の物語へ。 奇妙な取り合わせで,ご近所の騒動を解決。 推理小説の要素が入る。 話題をうまく続ければ,どこまでも終わりがないかもしれない。解説:児玉清,中江有里2013/05/17

再び読書

992
痛快無比なおっさんの物語。実は現代に欠けている地域の人々に対するサポートと言う命題が隠されている気もする。ただ、読んでいて単純に面白い。「阪急電車」に驚かされ、この本では笑わせてもらいました。それも心の中でにかっと笑う、やったって感の笑いです。文庫本あとがきの児玉清氏に対する追悼の言葉には、涙ぐみもします。本好きの人が本当に心を寄せる作家と二冊目で確信しました。もっと読みたいと思わせる作家を見つけることが出来ました。2012/11/26

takaC

895
「三匹のおっさん」というタイトルではあるが、主役は祐希&早苗の高校生カップルっぽいね。楽しめた。丸一年も積んでたけどさっさと読めば良かった。2013/03/01

佐々陽太朗(K.Tsubota)

855
おもしろいっ! アラ還ものとしては重松清氏の『定年ゴジラ』と双璧でしょう。これはもう、若者から中年から老年、男であれ女であれ、レディーだろうがオバサンだろうがオバンだろうが、オジンだろうがオッサンだろうがおじさまだろうがにーちゃんだろうが、老若男女だれにでも愛される小説だ。「あとがき」+「文庫本あとがき」+「特別収録・ラジオビタミン・児玉清の読み出したら止まらない 書き起こし」+「中江有里さんの解説・愛すべきおっさん。」というサービス四段ロケットで私は昇天しました。文春文庫万歳!!2012/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4650090
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。