文春文庫
K・Nの悲劇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 412p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167801991
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

若い夫婦が経済的理由で中絶を決意した時、妻に異変が起きた。治療を開始した夫と精神科医を襲う壮絶な事態。究極のサイコホラー。

内容説明

仕事で成功した夫との新しい生活。夏樹果波は幸せの絶頂にいたはずだった。ところが予想外の妊娠をした時から、何かが彼女の心に取り憑き始める。治療に乗り出した夫の修平と精神科医を待ち受けていた戦慄の事態とは何か―我が子を守ろうとする母の愛を描いた、恐ろしくも切ないホラー・サスペンスの傑作。

著者等紹介

高野和明[タカノカズアキ]
1964年生まれ。映画監督・岡本喜八氏に師事し、映画・テレビ・Vシネマの撮影スタッフとなる。その後、脚本家を経て小説家に。2001年『13階段』で第47回江戸川乱歩賞を、2011年『ジェノサイド』で第2回山田風太郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紫 綺

107
単行本にて読了。妊娠・中絶がテーマの怖~いお話。恋愛は計画的に・・・ってそれが出来れば苦労しないか(^^;2017/06/10

レアル

86
久しぶりの高野氏作品。妊娠を機に何かに取り憑かれ~♪と精神医学まで絡んだホラーサスペンス。不妊治療、妊娠、中絶などの社会問題を取り上げながらも切ない物語。私自身が「怖い作品があまり好きではない」というのもあるが、ただ高野さんは本当に大好きな作家さんであり、かつ、今まで読んだ作品に良かったものが多かったせいか、それと比べると少し物足りない感じもするかなぁ。。2014/06/25

takaC

75
男性読者への方が恐怖力強めな話だよね、きっと。2013/09/04

サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥)

63
妊娠、出産、中絶を題材としたサイコホラー。憑依現象なんて、そんな事は実際にあるはずがないと思っても、読んでいて怖かった。テーマがテーマだけに、その時期の女性にはあまりお薦めできませんね。★★★

chikara

62
3作目の高野氏の作品です。ジェノサイド、13階段に続き本作品でした。相変わらず一気に読ませる作品で高野氏は期待を裏切りません! 人工中絶について考えさせられました。2014/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4927568

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。