文春文庫<br> 日本の路地を旅する

個数:
電子版価格 ¥733
  • 電書あり

文春文庫
日本の路地を旅する

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月05日 18時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 383p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167801960
  • NDC分類 361.86
  • Cコード C0195

出版社内容情報

自身の出身地から中上健次の故郷まで日本全国五百以上の被差別部落を訪ね歩いた13年間の記録。大宅壮一ノンフィクション賞受賞。

内容説明

中上健次はそこを「路地」と呼んだ。「路地」とは被差別部落のことである。自らの出身地である大阪・更池を出発点に、日本の「路地」を訪ね歩くその旅は、いつしか、少女に対して恥ずべき犯罪を犯して沖縄に流れていった実兄との幼き日の切ない思い出を確認する旅に。大宅壮一ノンフィクション賞受賞。

目次

和歌山県新宮
ルーツ―大阪
最北の路地―青森、秋田
地霊―東京、滋賀
時代―山口、岐阜
温泉めぐり―大分、長野
島々の忘れられた路地―佐渡、対馬
孤独―鳥取、群馬
若者たち―長崎、熊本
血縁―沖縄
旅の途中で

著者等紹介

上原善広[ウエハラヨシヒロ]
1973年大阪生まれ。ノンフィクション作家。自身の出身地である大阪・更池から中上健次の故郷・新宮など日本全国500以上の「路地」(被差別地区)を巡りあるいた『日本の路地を旅する』で、2010年、第41回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2012年、『「最も危険な政治家」橋下徹研究』(新潮45)で、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

242
第41回(2010年)大宅壮一ノンフィクション賞。 中上健次が「路地」と呼んだ 被差別部落を 巡る旅である。「破戒」「橋のない川」と 描かれてきた「路地」の 今を 巡る物語 ..心なしか 静逸な印象がするのは、時代の 変遷の影響なのだろうか? 自分の出自を抱えながら、ルーツを辿っていく..兄との再会が心に染みる 現代の「路地」の 物語だった。2017/07/16

harass

100
中上健次が自らの出身地の被差別部落を路地と名付けていたのにならい、同じく部落出身の著者による、日本の路地を取材する紀行文。雑誌「実話ナックルズ」に連載されていたものを書き直ししたもの。その土地の情景や歴史、出会った人々の話などのほかに著者自身の路地と家族の話を淡々と語っていく。おおっぴらに語られることのないものは、普通に語るべきか、それとも寝た子を起こしてはいけないのか、非常に難しい。押し付けがましさもなく、落ち着いた語りで複雑な思いに満ちた本。良書。2019/01/11

TATA

72
路地とは被差別部落を指す。これまで比較的タブー視されることの多かったテーマに切り込み、自身のルーツを明らかにしていくという内容には驚きを隠せない。日本の各地に点在する路地にまつわる事実の数々が歴史としての深遠さを示唆しており読み物として非常に重厚なものとなっている。何かしらもの寂しささえ漂うのは筆者の力量か、はたまた故郷を思うあまりに感傷が滲み出たものか。2019/02/21

Kazuko Ohta

53
中学時代、「促進学級」の存在により、被差別部落を知りました。主要教科の授業を別室で先生と1対1で受けていたのは同和地区の子ども。路地とは、中上健次が被差別部落を表した言葉。本書の著者も被差別部落出身で、路地を巡る旅を続けています。路地出身だということを堕落の免罪符にしないという意志が見て取れる。著者自身は差別を受けたことがないというものの、「生まれた環境を嘆くよりもどう生きるかが重要」、これが路地出身者以外から発せられたら、何もわかっていないくせにとなるでしょう。淡々と書かれているだけに、心を揺るがす本。2018/04/25

100

52
被差別部落出身の著者による部落訪問記。日本各地の部落の歴史・成立ちと共に部落に暮らす人々、部落で育った人々の現実と思いを拾い集めるが、それは著者の部落に対する思いと自身の立場の確認作業のようでした。警備や食肉、芸能など生活に不可欠だったり豊かにする役割を担っていた人々に対する差別のシステムに不条理を感じた。2020/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4926167

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。