文春文庫
漱石の長襦袢

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 266p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167801939
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

漱石文学館はなぜないのか、ふたりはどんな夫婦だったのか……ハラハラドキドキの事実。孫娘が語る、漱石と鏡子、夫婦の肖像。

内容説明

夏目漱石の悪妻として聞こえていた妻、鏡子。しかし実際の姿はどうだったのか。全国にあまたある文学館の中に漱石文学館がないのはなぜか―漱石夫妻の長女として生まれた筆子を母に持つ著者が“やさしくて厳しいリアリストの目”で綴った35篇のエッセイ集。漱石誕生百年に際して発表された筆子の原稿も収録。

目次

第1章 ロンドンからの手紙(中根家の四姉妹;ロンドンからの手紙 ほか)
第2章 漱石の長襦袢(まぼろしの漱石文学館;漱石の長襦袢 ほか)
第3章 子規の庭(ソーセキ君;子規の庭 ほか)
第4章 漱石山房の復元(漱石山房の復元;漱石の修善寺 ほか)
第5章 呉の海軍墓地(『星の王子さま』の会;昭和史散歩 ほか)

著者等紹介

半藤末利子[ハンドウマリコ]
1935(昭和10)年、東京生まれ。上智大学卒。エッセイスト。父は夏目漱石門下の作家松岡譲、母は漱石の長女筆子。夫は昭和史研究家の半藤一利。44年、父の故郷である新潟県長岡市に疎開。高校卒業まで暮した長岡が、第二の故郷となる。六十の手習いで文章を書き始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

22
漱石のお孫さんであり、半藤一利さんの奥様でもいらっしゃる著者のエッセイ。「なぜ漱石文学館は存在しないのか」など、漱石に関する話題を事細かに書かれている。悪妻と称されることの多い漱石夫人の鏡子さんは、非常に我の強い当時では珍しいタイプの女性だったようだ。また、今でも漱石関連のイベントが各地で開催されているようで、改めて元祖国民的人気作家の威力を感じた。2012/12/04

かもめ通信

21
読友さんの紹介で読んでみた。雑誌に掲載されたものを中心に35篇のエッセイを収録した本書には、漱石自身を直接知らない孫娘が、自身の母であり漱石の長女である筆子さんから聞いた話や、自身が見聞きした漱石の妻鏡子さんや漱石の弟子であり著者の父である松岡譲のことが書かれている。 また、巻末にはなんと、松岡筆子さんご自身手による“夏目漱石の「猫」の娘”が収録されていてこれが非常に読み応えがあった。2018/10/10

たくのみ

14
半藤一利さんの奥様は漱石の孫娘。出てくる名前も漱石山脈の有名人ばかり。でもみんな人間的で生臭い。「恋には勝ったけど、小説書きとしては久米正雄に負けた」父・松岡譲。漱石の自宅・山房を守る取り組みで全く役に立たなかった寺田寅彦。さっさと貴重な書籍を東北大学に持ち去った小宮豊隆。弟子たちの母・鏡子への冷たい態度。末利子さんは木曜会にすごく厳しい。いろいろな思いを乗り越えて、新宿区もようやく動き出したという記念館「漱石山房」の復元。遺物が出たりして大変みたいだけど、なんとか実現してほしいものだ。2015/10/29

☆すずか☆fighters!o(`^´*)

11
夏目漱石のお孫さんの半藤末利子さんのエッセイ。漱石の妻、鏡子さん、漱石の娘であり末利子さんの母である筆子さんのことそして、夏目漱石のことが書かれている。後半は末利子さん自信のことが多い。2015/10/04

もだんたいむす

5
文面から作者の底意地の悪さのようなモノがにおい立ち、大変不快だった。2017/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4971644

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。