文春文庫
あまりにロシア的な。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 358p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167801816
  • NDC分類 293.8
  • Cコード C0195

出版社内容情報

スパイ容疑をかけられ、“ペテルブルク病”にかかり、酔いどれたちの坩堝で芸術・文学と向き合う日々。異色のロシア体験記がここに!

内容説明

ソビエト崩壊から三年後の変わり果てたロシア―スパイ容疑をかけられた過去の悪夢がよみがえり、白夜が狂気に導く「ペテルブルグ病」にかかり、芸術学者らとの交流と思索の日々から「ロシア的なるもの」の真髄にふれた異色の体験記。酔いどれたちの坩堝で全体主義国家の光と闇が浮き彫りになる圧巻の書。

目次

第1章 モスクワの春、あるいは白と黒の境界(冥府下降;水溜りを越えて;空間飢餓)
第2章 石の迷宮、蓮の楽園(ビバ・ペテルブルグ!;酔いどれのモスクワ;幻想のトポスへ)
一九八四―憂鬱な間奏曲「ウリヤノフスク物語」
第3章 魂たちの帝国(黄金の秋を行く;黒いモスクワ;幻想の都)
第4章 記憶の冬、冬の記憶(陶酔の実験;雪の朝、モスクワに…;歴史の影―東欧から)

著者等紹介

亀山郁夫[カメヤマイクオ]
1949年栃木県生まれ。東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京外国語大学長。『カラマーゾフの兄弟』(光文社古典新訳文庫)の新訳がミリオンセラーとなる。『破滅のマヤコフスキー』(筑摩書房)で木村彰一賞、『磔のロシア―スターリンと芸術家たち』(岩波現代文庫)で大佛次郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

中玉ケビン砂糖

95
、じっくりと時間をかけて読んだ、USSR、GPU、KGB、CKなど、ロシアには星の数ほどの略号が存在する、「内面の脆弱さを覆い隠す都合のよい盾」「それぞれの略号に象眼細工のようにはめこまれた『ゲー』のおどろおどろしい響き、それはまさに『国家』のイニシャル、国家の義眼に他ならない」という箇所は成程と思った、ロシアとはまだ言えないソ連崩壊直後のこの凍えるような国は、記号でできたもろい積み木の塔でもあった……、独裁国家が倒れたからといってもちろんすぐに雪解けの春が訪れるわけでもない2015/08/14

tsubomi

7
2017.03.30-05.31:著者がロシアに住んでいるときに見聞きしたことや感じたことをランダムに配置した本。ロシア文学を研究している者として作家を深く掘り下げて追究していく姿勢と考えすぎなくらいの思索の跡がうかがえるエピソードが多く、ときには困惑したり・・・。印象的だったのはヴォルガのデルタ地帯であるアストラハンに旅したときのこと。空気や水の音、静けさまでが実感できそうなほどの風景描写に身を委ねて自分もそこにいるかのような錯覚に陥るときの快感があります。2017/05/31

ぱなま(さなぎ)

6
大統領候補が暗殺され、地下鉄の入口に貧者が野鳩の群れのように屯する不安定な政情をよそに、文学全集の枝葉末節について討論する文学関係者たちのコントラスト。コラージュという形式を取ることにより、多面的な当時ロシアの表情が抽象絵画のように浮かび上がってくる。レーニン廟の内部についてマレーヴィチの絵画との共通項を指摘した箇所はエキサイティングだった。著者がロシア語に堪能なのは当然といえば当然なのだが、ロシア人たちのウォッカの飲みっぷりに着いて行くばかりか冗談合戦にまで負けじと加わっていくのだから凄い。2015/07/28

むぎ

3
思ったより20世紀のソ連・ロシアの芸術文化に関する専門的な記述が多かったが概ね楽しんで読めた。これ自体が読書ガイドの性格もあるかも。しかしつくづく、ロシアに関心を持つということは半端でない知的体力と清濁併せ呑む精神的な強さを要すると改めて感じさせる亀山さんの文章。時に芸術の想像力は人間自らを嗤い傷つけ飲み込む。私はそれをどんな場所に立って眼差すことができるだろうか。2018/06/25

ぐみ

3
ある程度ロシア芸術や文学の基礎知識を仕込んでからまた読みたい。沢山のロシア著名人の名前がごちゃごちゃ、独特の宗教めいた哲学、難しかった。ただ一つ思ったのは、自分がロシア音楽が好きだと感じる理由は、亀山先生が指摘するロシア芸術に内在する「未来」を感じるからかもしれないということ。閉塞したどん詰まりの状況では常に未来しかない。未来というゴールに導かれるように確実に今を壊して何か作っているような、、上手く言えないけれどもオワコンでもがいている人間が見えて仕方なくて、そんな音楽に取り憑かれてしまうんだよなぁ…2014/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5688151

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。