文春文庫<br> 平日

個数:

文春文庫
平日

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年09月25日 05時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 263p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167801793
  • NDC分類 915.6
  • Cコード C0195

内容説明

月曜日。駅前広場にソースの香りが、吹きだまる。木曜日。踏切のまえで待つ男に追いつき、女がならぶ。水曜日。御殿山に日はかたむく。金曜日。通勤電車は、スカートの女が多いことになっている。「平日」の東京が見せる豊かな表情を活写。ときに妖しく、ときに切なく、ときに奇妙なユーモアに満ちた珠玉の文章群。

目次

反射する平日―上野
甘い平日―大手町
尻ふる平日―早稲田
飛ばない平日―羽田
迷える平日―吉祥寺
決起の平日―泉岳寺
とどまる平日―十条
島の平日―平和島
指さきの平日―円山町
渦まく平日―柴又
聖なる平日―バス観光

著者紹介

石田千[イシダセン]
1968年、福島県生まれ、東京都育ち。國學院大學文学部卒業。2001年、第1回古本小説大賞を「大踏切書店のこと」で受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

朝の上野、昼の円山町、夜の泉岳寺……。さまざまな表情を見せる街の姿を、期待の筆者が変幻自在の筆で活写するエッセイ11篇。