文春文庫
一手千両―なにわ堂島米合戦

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 418p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167801533
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

大坂・堂島で米の仲買を営む吉之介は、同業の幼馴染と女郎の心中を不審に思い、死んだ女郎と同じ店の天神・初嶋に接触。事件の裏に新興の仲買、十文字屋がいることを探りあてる。吉之介は仇をとるため、相場で乾坤一擲の勝負を仕掛けるが…。世界初の先物市場、堂島の米会所を舞台に丁々発止の頭脳戦を描いた経済時代小説。

著者紹介

岩井三四二[イワイミヨジ]
1958年、岐阜県に生まれる。一橋大学卒業後、電機メーカーに勤務。96年に「一所懸命」で第64回小説現代新人賞を受賞し、デビュー。98年『簒奪者』で第5回歴史群像大賞受賞。2003年に『月ノ浦惣庄公事置書』で第10回松本清張賞、04年「村を助くは誰ぞ」で第28回歴史文学賞、08年『清佑、ただいま在庄』で第14回中山義秀文学賞を、それぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

世界初の先物市場・堂島で仲買として相場を張る吉之介は、幼馴染のかたきを討つため、凄腕・十文字屋に乾坤一擲の勝負を仕掛ける。