文春文庫
居酒屋おくのほそ道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167801311
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0195

内容説明

当世きっての居酒屋通が、芭蕉にならい、『おくのほそ道』を行脚せんと旅立った。東京・千住から、会津、仙台、さらには俳聖も未踏の盛岡、弘前まで北上し、新潟、富山、金沢まで、ぐるりとまわった奥羽、越州酒場紀行。土地の肴と美酒に酔い、詠んだ俳句も数知れず。読めば一杯飲りたくなる、至福の一冊。

目次

1 千住
2 宇都宮
3 会津
4 仙台
5 一関
6 盛岡
7 弘前
8 秋田
9 鶴岡
10 新潟
11 富山
12 金沢

著者紹介

太田和彦[オオタカズヒコ]
1946年中国・北京生まれ。東京教育大学卒業後、デザイナーとして資生堂宣伝部制作室に入社。89年独立して「アマゾンデザイン」を設立。本業のかたわら日本各地の居酒屋を探訪し、多くの著作をあらわす

村松誠[ムラマツマコト]
1947年静岡県生まれ。イラストレーターとして1979年より『ビッグコミックオリジナル』(小学館)の表紙を担当。犬、猫のイラストは多くのファンを惹き付け、ポストカードブックやジグソーパズルとしても発売されている。2000年には小学館漫画賞(特別賞)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

居酒屋界の第一人者・太田和彦さんが、村松誠画伯と、千住、宇都宮、会津、仙台、盛岡、秋田、富山等、奥の細道を訪ねる居酒屋漫遊記。