文春文庫<br> 泣き虫弱虫諸葛孔明〈第2部〉

個数:
電子版価格 ¥917
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
泣き虫弱虫諸葛孔明〈第2部〉

  • 酒見 賢一【著】
  • 価格 ¥1,155(本体¥1,050)
  • 文藝春秋(2011/02発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 20pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月27日 19時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 565p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167801229
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

三顧の礼を受け、とうとう劉備軍団入りした孔明。常人には理解しがたい理論で動く劉備と、屈強で頑固な張飛や関羽との折り合いは?

内容説明

三顧の礼を受け、とうとう劉備軍団入りした孔明。涙枯れ果てるまで泣き尽くす漢・劉備や、刀ひとふりで数十個の首を落とす殺人マシーン張飛、ひたすら義に殉ずる頑固一徹の関羽らとともに、曹操との死闘が始まって―。ますます快調の酒見版「三国志」第弐部は孔明出廬後から長坂坡の戦いまでが描かれます。

著者等紹介

酒見賢一[サケミケンイチ]
福岡県生れ。愛知大学卒業。平成元年『後宮小説』で第1回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。平成4年には『墨攻』他で中島敦記念賞を、平成12年には『周公旦』で第19回新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

71
私は三国志についてはかなりの本を読んでいます。コミックも2作者、宮城谷、北方、吉川とさまざまな三国志を読んできましたが、この三国志は本当に変わっています。お笑いのような感じの部分が多く、最近の傾向を取り入れているのでしょうか?読んでいて他の三国志とはまるっきり別物という気がしました。諸葛孔明も今回はあまり出てはこないのですが、登場人物のキャラクターが本当に変わっていますね。従来のイメージをぶち壊した感じです。2015/03/16

アイゼナハ@灯れ松明の火

47
あーあ、今回も大笑いしてしまった。抱腹絶倒の酒見版諸葛孔明演義第2弾は、孔明の劉備軍団入りから長坂坡の戦いまで。あまりにも劉備軍団の書かれぶりが凄すぎて、放火魔の孔明が不思議にマトモに見えてしまう・・・ハッ、これも孔明マジック?蜀漢ファンの方にオススメするには大変勇気の要る内容になっております(汗)広島ヤクザ風の会話を交す孫呉のメンバーも楽しい(呉だけに!?)魯粛はいいけど周瑜も広島弁なのかしら・・・少し複雑かも。次は孫呉の会堂の話になってくれるのかなぁ。続きをもの凄〜く楽しみにしてます!2011/02/11

どぶねずみ

34
全5巻のうちの2巻で『三国志』でいうと「赤壁の戦い」の前で終わったので、内容がほぼ『三国志』だな。横山漫画で読んだ内容より、より詳しく、漫画で感じていた違和感の理由が判明したりする。そういった意味では何か漫画でも小説でも『三国志』を読んでいた方が一層面白く感じるだろう。戦国の時代にどんな非常なことが起こってもおかしくないが、常に落ち着いて正しい判断を下せる孔明が本当にスゴいと思う。孔明のインテリ夫妻というのは、常にお互いが役に立つ存在で縛り付けあわない、そういう関係ってとっても羨ましいな。2020/05/18

hanchyan@つぶやき自粛

26
ああもう面白いおもしろいオモシロイ!劉備が流竜馬なら関羽はバイオレンスジャック。そして張飛は魔獣と化した来留間慎一だ!あるいはノスフェラトゥのゾッドか(笑)これだけゲッター値が臨界点に近い物語なのにもかかわらず、だがしかし孔明はやっぱりパタリロだぞ1~2巻の頃の(笑)。とまあ、自分の接してきたキャラが読んでて脳内に沸きまくるのは講釈師の巧みな口上(地の文)のせいだろう。ことほど左様に古今のサブカル作品が比喩として引き合いに出されて枚挙に暇が無く、自分の(ときには死蔵されていた)エンタメ経験が刺激される!2016/01/29

てふてふこ

26
再読。酒見氏流三国志講談第弐部。「伝説を作れ!」。長坂坡の激闘にて、劉備軍団がパワーアップ。陳寿や裴松之、はたまた黒い勢力に突っ込む酒見さん。同感しつつ笑って、大満足です。続きが楽しみ。2013/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2411845

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。