文春文庫<br> 旧暦と暮らす―スローライフの知恵ごよみ

個数:

文春文庫
旧暦と暮らす―スローライフの知恵ごよみ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年09月21日 12時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 245p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167801038
  • NDC分類 449.81
  • Cコード C0195

内容説明

桃の節句なのに桃の花が咲いていないのはなぜ?七夕の夜に天の川が見えないのはなぜ?「五月雨」っていうけど、どうして五月に雨?「旧暦」にその答えがあります。日本人が昔から知っていた月の満ち欠け、太陽の動き、季節到来の予知…自然と共に生きる知恵に満ちた旧暦を暮らしに取り入れると、新しい世界が見えてくる。

目次

第1章 月と太陽から送られるメッセージ
第2章 旧暦を知って天候予測
第3章 四季をみつめる
第4章 自然のリズムから得た暮らしのヒント
第5章 旧暦と暮らす人々
第6章 なぜ旧暦が使われなくなってしまったのか
第7章 アジアの地域暦、旧暦カレンダー活用法
第8章 新たなキュウレキスト
付録 平成二十三年旧暦カレンダー自作用新暦旧暦対照図
あとがき―感謝!見直し・ほんとうの豊かさを求めて

著者紹介

松村賢治[マツムラケンジ]
1942年広島市生まれ。大阪大学大学院建築工学修士課程修了後、竹中工務店に勤務。74年に同社を退社し、1年9ヶ月に及ぶヨット世界周航の旅へ。81年に社団法人大阪南平洋協会(ASPA)を設立、理事長に就任する。87年からは同協会より「旧暦カレンダー」を企画・発行し、全国で旧暦に関する講演・勉強会を催す一方、パプアニューギニア、マーシャル諸島等で自立支援活動・建設指導ボランティア等に従事している。一級建築士。専門は町づくり・村おこし(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

月の満ち欠けと潮の大小の関係、旬の食べ物や天候予測、古典文学の解釈……「旧暦」をもっと知って、日々の暮らしに役立てよう!