文春文庫<br> 第四の壁―アナザーフェイス〈3〉

個数:
電子版価格
¥743
  • 電書あり

文春文庫
第四の壁―アナザーフェイス〈3〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月19日 21時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 446p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167787035
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

警察官の大友がかつて所属していた劇団の記念公演で、主宰の笹倉が刺殺される。その手口は、上演予定のシナリオそのものだった…。

内容説明

警視庁・刑事総務課に勤める大友鉄は、かつて所属した劇団の記念公演に招待される。だが、主宰の笹倉が舞台上で絶命。それは、まさに上演されていたシナリオ通りの展開だった。大友は、過去と向き合いつつ、昔の仲間たちを容疑者として取り調べることになる…。「アナザーフェイス」シリーズ第三弾。

著者等紹介

堂場瞬一[ドウバシュンイチ]
1963年生まれ。茨城県出身。青山学院大学国際政治経済学部卒業。新聞社勤務のかたわら小説の執筆をはじめる。2000年に『8年』で第13回小説すばる新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Makoto Yamamoto

132
元学生劇団員だった主人公。 その当時、所属していた劇団がプロとなり記念公演を行う。 その時に殺人事件が発生。 劇団員が疑われる展開。 今回のストーリーf納得できないのは、動機はともかく第一の殺人事件以降の展開。 劇団の世界は特異とは理解すると、そんなこともありうるのかもしれないが。。。  お子さんの成長にももう少しスペースがあってもいいのではないだろうか?2019/11/20

じいじ

90
 刑事・大友鉄の眼前で殺人事件が…。現場は世田谷・下北沢の小劇場、非番で息子と義母を連れての観劇中に主役が殺される。大友が昔、所属していた因縁の劇団公演である、を理由に志願して捜査に参画する。昔の芝居仲間を署で取り調べをするシーンは駆け引きが面白い。全体の印象は、遅い話のテンポに所々で退屈を感じた。今作で亡き妻・菜緒との出会いの過去が初めて明かされる。その妻へ永遠の愛を抱き続ける大友鉄には、格好つけすぎで鼻白む気がする。ドラマ化で主役を演じた仲村トオルの解説はなかなかユニークで面白い。2016/04/29

さっとん

85
シリーズ3作目。 相変わらず読みやすく楽しめる。 今回は学生時代に所属していた劇団の20周年記念記念公演中に主宰者が殺されることから展開していく。 容疑者が当時の仲間達という微妙な距離感や元役者のテツと現役のプロ役者(裏方もいますが)達の駆け引きが面白い。 中盤まではなかなか手がかりが掴めずに迷宮入りかとハラハラする中、事件解決の糸口が意外にあっさり出てきたのには少し物足りなさも感じますが… それにしてもテツは本当にモテますね~羨ましい( ̄- ̄) 中村トオルさんの解説も面白かったのでまた書いてほしいです。2019/08/27

ゲバオ

85
「お前には分からないかもしれないけど、悪い気分じゃない。自分の中に、愛した人間がいつまでもすんでいるというのは」アナザーフェイス3作目。主役がかつて、自分が在籍していた劇団の記念講演を観に行ったら小道具のナイフで刺されるはずの人間が本当のナイフで刺されて本当に死んでしまったという古畑仁三郎テイスト丸出しのストーリー。相変わらず主役がナチュラルイケメンすぎて笑ってしまう。今回は柴や福原指導官が目立たず少し残念。しかし、実写版はテツ役を仲村トオルやってるの!?この人、好きだけどテツとはかけ離れすぎてる気が…2017/05/31

nakanaka

84
三作目も楽しめました。物語が始まってすぐに大友の目の前で事件発生という展開に意外性を感じつつも、最終的にはしっかりとした筋道で話が進んでいたのかなと納得。話の中で大友が苦悩していた夢を追いかけることの善し悪しについては色々と考えさせられました。どちらにせよ一度きりの人生。後悔はしたくないものです。柴との名コンビは良かったですが、福原や優斗、聖子たちの登場が1、2に比べ少なかったのが残念です。2016/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4513945
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。