文春文庫<br> 虚栄の肖像

電子版価格
¥600
  • 電書あり

文春文庫
虚栄の肖像

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 274p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167773960
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

花師と絵画修復師の2つの顔を持つ佐月。絵画修復のため立ち寄った寺で昔の恋人に再会して……。著者急逝によるシリーズ最終作。

内容説明

花師にして絵画修復師の佐月恭壱。二つの顔を持つ佐月の元に、肖像画修復の報酬が古備前の甕という奇妙な依頼が舞い込む表題作他、藤田嗣治の修復をめぐり昔の恋人に再会する「葡萄と乳房」、女体の緊縛画を描いた謎の絵師を追う「秘画師遺聞」の全三篇を収録。絵画修復に纏わる謎を解く極上の美術ミステリー。

著者等紹介

北森鴻[キタモリコウ]
1961年、山口県生まれ。駒澤大学文学部卒。編集プロダクション勤務を経て、執筆活動に入る。95年、「狂乱廿四孝」で第6回鮎川哲也賞受賞。99年、「花の下にて春死なむ」で第52回日本推理作家協会賞を受賞。2010年1月25日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

119
絵画修復師シリーズの2作目で、この中には2作の短編が収められています。いつもじっくりと読ませてくれる作品で非常に私の好みなのですが、この継続作品が読めないのが残念です。他の作品に出てくる主人公も今回は顔を出したりしています。また主人公の学生時代の話で恩師や恋人であった人物などとのやり取りも出てきて楽しめます。2017/12/11

佐島楓

57
「人間であることを忘れる」ほどの集中力で絵画修復に挑む佐月。脇を固める個性的な男性、魅力的な女性たち。皆腹の底が読めない胡散臭さを持ちながらも、それぞれの美学に沿って生きている。更なる広がりを見せそうだったシリーズだったが、続きをもう2度と読めないことに寂しさを覚える。2018/03/22

Kenichi Yanagisawa

39
花師にして絵画修復師である佐月恭壱。天才的な絵画修復の技術を3つの短編で繰り広げてくれる。真贋を見抜く目でその修復に秘められた謎も、、、。なかなかクールだ。2013/01/21

venturingbeyond

35
蓮丈那智、宇佐美陶子、香菜里屋のマスター、そして本作の主人公・佐月恭壱と、著者のシリーズの主人公の人物造形は作を重ねるごとに彫琢をまし、どのシリーズもどっぷり作品世界に没入し、堪能させてもらっている。本作でも、冬狐堂の姿がちらついているが、これから先、それぞれのシリーズで、作品を跨いだ登場人物の共演が描かれたのではないかとの思いも…。他のレビューにもある通り、著者の早逝が悼まれる。2023/01/28

エドワード

34
銀座の花師かつ絵画修復師・佐月恭壱の活躍ふたたび。今回も持ち込まれる、いわく付きの絵画の修復、毎度ながら、指、眼、肺まで酷使する修復の描写が迫力満点だ。三つの物語は、佐月がかつて仄かな恋心を抱いた恩師の娘・由美子を中心につながっている。佐月に依頼を持ち込む危ない者たち。絵画修復と贋作は紙一重。美術界は政界、経済界ともつながる―美術は金もうけの手段にならざるを得ないのか?佐月は黙して語らず。終章「秘画師遺聞」にて解かれる謎、哀しい運命。冬の狐がゲスト出演するお楽しみ。佐月の物語はこれにて終了か、残念無念。2018/10/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/640097
  • ご注意事項