文春文庫
甦った空―ある海軍パイロットの回想

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 427p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167753238
  • NDC分類 916
  • Cコード C0193

内容説明

阿武隈山脈の上を飛ぶ飛行機を見た15歳の少年は、その日からパイロットを志した。厳しい試験、訓練の末、見事海軍の搭乗員に。しかしそこに待ち受けていたのは死闘の大空だった。マレー沖海戦からソロモンでの夜間爆撃、陥落寸前のマニラからの脱出行。終戦とともに空は失われた。感動のノンフィクション。

目次

第1章 虹色の梯子(赤トンボの爆音響き;胸に抱いた憧れ ほか)
第2章 大空を翔ける(いよいよ大空へ;甘美な一日 ほか)
第3章 哀しみの蒼い空(死の島ラバウルへ;決死の空輸部隊 ほか)
第4章 甦った空(空への思いは断ちがたく;早春の虹をつかめ ほか)

著者等紹介

岩崎嘉秋[イワサキヨシアキ]
大正7(1918)年福島県生まれ。昭和12年海兵団入団。14年第51期操縦練習生を経て航空兵に。16年美幌海軍航空隊、18年第一航空基地隊、1001航空隊などで勤務の後、飛行兵曹長で終戦を迎える。戦後海上自衛隊に勤務、ヘリコプター操縦術を習得し、除隊後朝日ヘリコプター(株)に入社。朝日航洋(株)理事、新日本国内航空(株)運航部長を歴任。平成20年、長年の航空活動に対し、日本航空協会より航空亀齢賞を授与される。埼玉県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。