文春文庫<br> 日々是作文

電子版価格
¥600
  • 電書あり

文春文庫
日々是作文

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 365p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167708030
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

31歳の私に、10年後の私をこっそり教えてあげたい―。離婚して仕事もお金もなかった31歳から、直木賞受賞&再婚してしまった41歳まで。絶品の恋愛小説で読者の心を搖さぶり、出口の見つからない切なさを描いてきた著者も、日々様々な思いに搖れながら「微妙なお年頃」を過ごしてきた。激動の10年間を綴ったエッセイ集。

目次

花には水を。私に恋を。(“恋愛スイッチ”は常にオンにして;「一緒のご飯」の気楽さは恋の堕落? ほか)
今宵の枕友だち(もう、暇はつぶせない―『ひまのつぶしかた』;ガッチリ買いましょう―『これいただくわ』 ほか)
こまかいお仕事―(ワープロ時代)1993~1997(夏の日が終わって;もう君を離さない ほか)
こまかいお仕事―(パソコン導入後)1998~2003(日常のわたし;いやなものはいや ほか)

著者等紹介

山本文緒[ヤマモトフミオ]
1962年、神奈川県生まれ。神奈川大学卒業後、OLを経て作家に。『恋愛中毒』で第20回吉川英治文学新人賞、『プラナリア』で第124回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Eee

35
ごめんなさい、言わせてください。「あほやん」。もう、とても面白かったです。こちらは女性の正直さ。ありのままを書かれているのかなと思いました。私にとって、本書が山本文緒さんの初読本です。こちらもまた、公共の場で読むには、辛い一冊です。いや、本当に面白かったです。またほかの作品も読んでいきます。2017/11/29

水色系

34
一人が好きで、本屋を歩くのが好き、一緒!!とニコニコしながら読んだ。あんなにおもしろい本ばかり書く方がお酒を飲んだ翌日激しく自己嫌悪してたり、なんだかとても近しく思えてきて嬉しかった。2022/08/25

はな

34
久しぶりの‘思っていることを言葉にしてもらえる気持ちよさ’でした。これこそが、私が本を読む理由です。2015/10/08

みち

24
初めて恋愛中毒を読んでからファンでした。わりと毒のあるお話を書かれる方ですが、御本人の考えが登場人物に反映されている感じがしました。山本さんの等身大の生活が切り取られたお話が沢山。(ページ数も多いし)各エピソードも面白いし、とっても親近感がわきました。読んでいて、私もしっかり生きて行きたいと思わせられました。(頑張ってとかでなく、自分らしく)2018/09/12

団塊シニア

24
1年以上経っての再読。やはり山本文緒の文体は魅力がある。10年間のエッセイであるが小説同様惹きつけるものがある。2013/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574453
  • ご注意事項