文春文庫<br> 味憶めぐり―伝えたい本寸法の味

電子版価格
¥586
  • 電書あり

文春文庫
味憶めぐり―伝えたい本寸法の味

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 236p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167670191
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0195

出版社内容情報

人気時代小説家の記憶に刻み込まれた24の味と店。憧れのあの店の味を思い出と共に美味しい文章で紹介した、お腹がすくエッセイ集。

内容説明

少年時代に夢中だったハヤシライス、新入社員の頃に大人の作法とともに教わった高級寿司、直木賞の夜の奇跡のカツサンド。極上の店には共通項がある―人気時代小説家が三十余年かけて編み出した、プロの心意気と味が映える『本寸法』の店の見つけ方と付き合いの極意。24の味とエピソードが詰まった美味しすぎるエッセイ集。

目次

文悦先生のシウマイごはん―小洞天(有楽町)
落書きは客の信任投票―シシリア(六本木)
どっしりとしたジャムパン―パン工房中村屋(南砂)
なにを食っても、絶品間違いなし―新雅(江戸川橋)
粋な親方の絶品トンカツ―梅乃(大島)
ふたを開いたときの至福感―釜めし春(浅草)
名は味覚も表す―池田屋(木場)
いまを楽しむ、古き佳き店―愛養(築地)
ちょいづけができる蕎麦―吾妻橋やぶそば(吾妻橋)
横に延びた百貨店―日曜市・一柳さんの店(高知市)〔ほか〕

著者等紹介

山本一力[ヤマモトイチリキ]
1948年、高知県生まれ。都立世田谷工業高等学校電子科卒業。旅行代理店、広告制作会社、コピーライター、航空会社関連の商社勤務などを経て、97年「蒼龍」で第77回オール讀物新人賞を受賞。2002年『あかね空』で第126回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件