文春文庫<br> 横道世之介

個数:
電子版価格 ¥785
  • 電書あり

文春文庫
横道世之介

  • 提携先に13冊在庫がございます。(2022年05月17日 10時05分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 467p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167665050
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

進学のため上京した横道世之介18歳。愛すべき押しの弱さと隠された芯の強さで、様々な出会いと笑いを引き寄せる青春小説の金字塔。

内容説明

大学進学のため長崎から上京した横道世之介18歳。愛すべき押しの弱さと隠された芯の強さで、様々な出会いと笑いを引き寄せる。友の結婚に出産、学園祭のサンバ行進、お嬢様との恋愛、カメラとの出会い…。誰の人生にも温かな光を灯す、青春小説の金字塔。第7回本屋大賞第3位に選ばれた、柴田錬三郎賞受賞作。

著者等紹介

吉田修一[ヨシダシュウイチ]
1968年生まれ。高校まで長崎で過ごし上京。法政大学経営学部卒業。97年、「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞。同作が芥川賞候補作となる。2002年、『パレード』で第15回山本周五郎賞、「パーク・ライフ」で第127回芥川賞、2007年、『悪人』で第61回毎日出版文化賞と第34回大佛次郎賞、2010年、『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 7件/全7件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

酔拳

497
 長崎出身の世之介の大学入学から、小説は始まる。大学時代の話はとてもおもしろく読める。周囲の友達や先輩もおもしろい。この頃のの大学生活はとても、楽しかったんだろうな。と思わせられる。 また、中年ぐらいになった、友達が回想する文章が織り交ぜられ、また、その文章がグッとくる。とてもいい構成だなと思った。 世之介ともし、大学時代あっていたら、友達になっていたんじゃないか?と思ってしまいました。 2016/09/13

hit4papa

457
長崎から上京し、大学生活を送る横道世之介の一年間を描いた青春小説です。チャランポランで、真直ぐで、間が抜けていて、図々しくて、憎めない、世之介は、愛されるとはいかないまでも、いつまでたっても懐かしい存在。本作品は、平々凡々で、大きな事件など起こりはしないけれど、忘れられない物語となっています。世之介と彼をを取り巻く人々のその二十年後が、所々で挿入されるという構成のなせるワザでしょうか。珍しく明るくポップな語り口ですが、そこは吉田修一さんだけに、きっちりホロ苦さは残してあるのです。ラストはぐっときました。2016/12/05

ミカママ

455
実は「青春小説」という分野が好きじゃなかったです。学生時代は逆に背伸びした作品ばかり読んでたし。でもこれは!!冒頭から一気に持っていかれました。世之介は、おそらくは吉田さんの等身大なんでしょうね。というか、あの時代18歳で親元離れて東京で一人暮らしを始めた、すべての私たちへのオマージュだと思います。そして去年の秋、逆に息子を送り出した私には、ラストの世之介母の手紙、涙無くしては読めませんでした。それにしても吉田さん、こんなに軽快で楽しい(ただしもちろんそれだけではない)作品も書けるとは!(映画鑑賞済み)2015/02/17

エドワード

427
三月になると「また四月が来るんだなあ」と思う。四月、春。新しいことが始まる季節。これは、横道世之介という青年が大学に入学し、東京で暮らした一年間を描いた物語である。1981年に東京の大学に入学した私には、彼が他人とは思えない。この一年間は人生で最も濃い一年間だ。467ページもあるのだ。アパートの隣人が「こんな子が東京で一人でやっていけるのか」と思う、隙だらけで、友人たちの心に残る世之介。この物語は本当に面白すぎる。懐かしすぎる。だけど泣けてくる。ここにあるのはリアルな80年代の青春。等身大の私の青春。2013/12/11

seacalf

370
野放図な世之介の言動を楽しむ小説。時代を反映させる地名やアイテムは、バブル期を知らない読者からすると閉口ものではあるけれど、その時代を知っている人は味わいもひとしおなんだろうな。ともあれ、世之介のような生ぬるい大学生活は、自分にも多少なりとも覚えがあるので懐かしい。斜に構えず、世之介にほっこりさせられながらまったりページをめくって楽しむのが正解だと思う。高良くん主演の映画も観たいなあ。彼の満面の笑顔が思い浮かんで、それだけでほっこりしちゃう。2016/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5502119

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。