文春文庫
高峰秀子の捨てられない荷物

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 413p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167656584
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0195

内容説明

日本を代表する大女優高峰秀子の栄光の歴史は、実は数多の重荷を背負って歩んできた苦難の道でもあった。高峰を敬愛し、「かあちゃん」と呼んで親炙する著者が、その凄絶な前半生と、世俗のしがらみを一切捨て去って到達した現在の自由、かつ清冽な生き方を、本人への直接取材を基に詳細に描いた感動の評伝。

目次

一本のクギ
仮面と鎧
荷物

人間嫌い
鶏卵
一日一笑
ふたり

著者等紹介

斎藤明美[サイトウアケミ]
1956年、高知県生まれ。津田塾大学卒業後、東京都内の私立女子高校で教鞭をとる。7年間勤務ののち退職、テレビ番組の構成作家を経て、87年、「週刊文春」の記者となる。現在、同誌で「『家』の履歴書」などのライターを務めている。99年、初めての小説「青々と」で第10回日本海文学大賞奨励賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。