文春文庫<br> 暗鬼

個数:
電子版価格
¥600
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
暗鬼

  • 乃南 アサ【著】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 文藝春秋(2001/11発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月13日 04時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 310p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167652036
  • Cコード C0193

内容説明

両親、弟妹、祖父母に曾祖母。今時珍しい大家族に嫁いだ法子を待っていたのは、何不自由ない暮らしと温かい家族の歓待だった。しかしある日、近所で起きた心中事件に彼らが関係しているという疑惑を抱いた法子は、一見理想的な家族を前に疑心の闇にはまっていく。やがて暴かれる、呪われた家族の真実とは。

著者等紹介

乃南アサ[ノナミアサ]
1960年東京生まれ。早稲田大学社会科学部中退後、広告代理店勤務を経て、88年、第1回日本推理サスペンス大賞優秀作となった「幸福な朝食」でデビュー。96年「凍える牙」で第115回直木賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nobby

121
なかなか後味悪く気味の悪い読み終わり。憧れて嫁いだ大豪邸に少しずつ明らかになる違和感。ある火災との関わりや庭先の植木などからの想像も越えて、何とも生々しい洗脳の過程が描かれる。はたして心配する友人や自らの疑心“暗鬼”により逸脱できるか気になり一気読み。ただ最後は血縁やら赤裸々な展開になり興醒め…ここまでは行き過ぎだろうが、解説の通り家族という名の宗教は間違いなく感じる。そして現在それが崩れつつあることも確かなこと。2016/07/18

yomineko@梅雨の晴れ間バテ

84
お見合い結婚で曾祖母までいる大家族に嫁いだ法子。爽やかで明るい笑顔に満ちた人々には恐ろしい秘密があった。その秘密とは、、、怖い。そして法子の唯一の大親友だった和美が、、、その彼氏が、、、怖い。。。読友さんのご紹介ですがページをめくる手が止まりませんでした。2020/05/07

Tsuyoshi

84
四世代8人の大所帯に嫁いだ法子。熱烈な歓待と不自由ない暮らしの中、近所の一家心中事件における家族のやり取りや家族のあり得ない姿を目にした法子が度重なる疑心暗鬼に陥りつつ、最終的に一家に取り込まれていまう話。薬草やキノコによる幻覚を引き起こされつつ家族の絆を刷り込まれていく様や、引き込まれた法子の多幸感を見ると新興宗教で洗脳、洗礼を受ける人々のように見えて何とも言えない気持ちになった。2017/11/21

まこみん

82
資産家の大家族に望まれて嫁ぎ、幸せな結婚生活を送っていた法子。 彼女が実家に帰っている時に、隣接する店子の家がガス爆発を起こして一家全員死亡した事を知った時から、家族への疑惑が違和感として燻り続け、法子の精神も脅かされていく…最近読んだ東野さんの「夢幻花」が思い出される。何回か家族の会話の中に妙な妖しさが挟まれていたけど、後半のあの場面の家族の様は気味悪過ぎる。非常識が常識に様変わりした時、また新たなおぞましい家族史が始まる。2016/07/30

milk tea

76
法子がお見合いして嫁いだ先は、4世代8人の大家族の資産家のところだった。「法子は宝だ」と言われ何不自由なく、とても大切にされた。優しく笑顔の絶えない温かい人たち。時が経つにつれて、それが気持ち悪くらいの仲の良さと感じるようになる。近くで心中事件が起こり、この家族が関係しているのでは疑いを持ち始める。少しづつ真実がわかるにつれ、洗脳されていく法子は 本来の姿を消していく。真綿で首を締め付けるかのように、ジワジワと迫る恐怖。面白かったです。2017/08/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580580
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。