文春文庫<br> フルハウス

電子版価格 ¥427
  • 電書あり

文春文庫
フルハウス

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 190p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167621018
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

本物になりたいけどなれないニセモノ家族の奮闘を描く表題作と、不倫の顛末をコミカルに描く、「もやし」。芥川賞作家の力作二篇

内容説明

「家を建てる」が口癖だった父は、理想の家族を夢みて、本当に家を建ててしまう。しかし、娘たちも、十六年前に家を出た妻もその家には寄りつかなかった。そこで、父はホームレスの一家を家に招き、一緒に暮らし始めるのだが…。第18回野間文芸新人賞、第24回泉鏡花文学賞受賞の表題作のほか、不倫の顛末を通して家族の不在をコミカルに描いた「もやし」を収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

166
中篇小説を2篇収録。いずれも芥川賞候補になったもの。柳美里は、この後の『家族シネマ』で芥川賞を取るので、それに先立つ初期作品だ。『家族シネマ』でもそうだったが、ここでも家族の崩壊がテーマだ。彼女の作品はまだ2作目なので、その後はわからないが、少なくても初期に繰り返し問い返されたのが、このテーマだったようだ。2作ともに日常の光景が描かれてはいるのだが、シュールなというに近い断層がそこにはあって、それが彼女の小説の大きな魅力となっている。どこで掛け違えてしまったのだろう。世間から見放された孤独が漂う。2014/09/21

メタボン

37
☆☆☆☆ なかなか読んだことのない作風。シュールな点では吉田知子に近い感じがする。「もやし」不倫相手の妻の狂気がすごいことになっている。妻とのかみあわないやり取りが怖くもあり笑える。この狂気の描き方はすごい。「フルハウス」新築の家に住み着いてしまうホームレス一家にむしろ家族の現出を見るのであって、家主である父の家族はもともと崩壊しており、娘たちを家族としてつなぎとめようと試みる父の思惑は破綻している。泉鏡花文学賞に果たしてふさわしいかどうかは微妙だが、その受賞がなければ私にとっては出会わなかった作品。2019/10/29

sakai

31
家族がバラバラなのに家を買った父。その家に住み着くホームレス一家。なんだろう、この感覚デジャビュ…と思っていたら解説が山本直樹で全てが繋がった。「ありがとう」のあの違和感に似てるのか。だから気持ち悪さのなかに謎の心地よさを感じたのか。納得。この日本語が全く通じない人々との交流が気がつくとクセになっている。2018/10/02

James Hayashi

27
表題作で野間文芸新人賞、泉鏡花文学賞受賞作と、やはり芥川賞にノミネートされた「もやし」を掲載。どちらも荒々しい力強い作品。昔の言い方で言えば「飛んでいる、ぶっ飛んでいる」。文学的どうのこうのはわからないが、訴えかけ圧倒する作風。2019/10/04

との

23
母に勧められて、kindleにて。初読みでしたが、なんとなく背中をなにかが這い上がってくるような気持ち悪さがありました。読んでいて不安。2019/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/565142

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。